シンガポール航空ファーストクラス搭乗記ブログ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

搭乗記 シンガポール航空

シンガポール航空 ファーストクラス 羽田便 機内食・アメニティ・マイルのブログ搭乗記

読者限定記事閲覧お申し込みはこちら >

マリオットポイントから交換したマイルを使って、シンガポール航空 羽田→シンガポール便ファーストクラスに夫婦で乗ってきました。

シンガポール航空のファーストクラスは他社マイルでは予約出来ず、自社マイルのみ。

そのせいか意外と予約しやすい印象で、お盆休みの超繁忙期でしたが予約出来ました:)

燃油サーチャージがかからないので、諸経費がお安いのも嬉しい。

そしてワクワク感と美味しさに溢れたフライトだったんです❤︎

本記事ではシンガポール航空 羽田→シンガポール SQ631便ファーストクラスの座席、アメニティ、機内食、かかったマイルと費用、シンガポール航空のマイルが貯まるクレジットカードをまとめます。

スポンサーリンク

シンガポール航空 羽田→シンガポール SQ631便ファーストクラス便搭乗記

シンガポール航空ファーストクラスの搭乗レビューです。CAさんの丁寧でありながらフレンドリーなホスピタリーと機内食が素晴らしかったです!空の旅をぜひお楽しみ下さい:)

フライト情報

便名SQ631
機材B777-300ER
フライトスケジュール09:10 東京/羽田空港発
15:15 シンガポール/チャンギ空港着
7時間5分

羽田空港シンガポール航空ファーストクラス搭乗でANAスイートラウンジを利用

羽田国際線ANAスイートラウンジ

羽田空港にシンガポール航空のラウンジはありませんが、ファーストクラス搭乗者は同じスターアライアンスのANAスイートラウンジを利用出来ます。

ANAスイートラウンジのクロックムッシュ

スポンサーリンク

シンガポール航空B777-300ER機材

シンガポール航空ファーストクラスのシートマップ

ファーストクラスは4席だけ!の特別な空間。

シンガポール航空ファーストクラスのおトイレ

ファーストクラスのおトイレは多少ゆとりを感じました。

シンガポール航空ファーストクラスのおトイレ

台が出せて、お着替えもしやすい。

シンガポール航空ファーストクラスのおトイレ
シンガポール航空ファーストクラスのおトイレ

鏡のライトがキラキラしていて綺麗❤︎どことなくエレガントですよね。

シンガポール航空ファーストクラスのおトイレ

アメニティはクリスタルガラス界のオートクチュールと称されるメゾンブランド、フランスのラリックのオードトワレ、ボディローション、フェイシャルミストまでも揃っていました。

機内の乾燥は凄いですから、あるととっても嬉しい。

シンガポール航空ファーストクラスのおトイレ

引き出しにはカミソリ、歯磨きセット、コームなどが常備されていました。

シンガポール航空は全クラスWi-Fi無料

2023年7月1日より全クラスに無料で無制限の機内Wi-Fiサービスを拡大。

プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスは予約時にシンガポール航空公式ウェブサイトのトップページにある「予約の管理」オプションから、あるいはチェックイン時に、ご自身のクリスフライヤー会員情報の詳細を入力しておけば利用出来ます。

国際線でも全クラスWi-Fi無料はとっても助かりますよね!

スポンサーリンク

シンガポール航空B777-300ERファーストクラスの座席

シンガポール航空ファーストクラス座席

旦那さんは1A、私は1Fを予約しました。

シンガポール航空ファーストクラスのシート

さすがファーストクラス、とってもゆったりしています。

シンガポール航空ファーストクラスのシート

ブラウンのレザーでしっとりした大人のラグジュアリーさ。

シンガポール航空ファーストクラスのシート

パーテーションで仕切られた後ろはもうビジネスクラス。

たった4席のファーストクラスなので、サービスも非常に行き届いていました。

シンガポール航空ファーストクラスのシート

私座ってるんですが、足全然映らない程広いです:)

大きなモニターの下には引き出す大きなテーブル、荷物を置く台と収納があります。

シンガポール航空ファーストクラスのシート

モニターの横は開くと鏡でした。

シンガポール航空ファーストクラスのシート

離陸前に台の下に荷物を移動下さったんですが、汚れないよう不織布の大きな巾着にしまっていただける丁寧さ。

シンガポール航空ファーストクラスの機内

機内はクリームベージュとブラウンの上品な雰囲気。反対側1Aに旦那さんが座っています。

シンガポール航空ファーストクラスのシート

シートの左側にヘッドフォン掛けがあって便利でした。

シンガポール航空ファーストクラスのシート

リモコンが収納されていました。ディバイスも兼ねていて、この画面だけで見ることも可能。

シンガポール航空ファーストクラスのシート

反対側にはちょっとした収納が。

シンガポール航空ファーストクラスのシート

雑誌フォルダー。機内食メニューを入れて置くのにも便利でした。

シンガポール航空ファーストクラスのフルフラット

食後に歯を磨いている間にベッドメイクをお願いしておきました。こちらは旦那さんの1A。

予め用意されていないのですが、アイマスクやイヤープラグ(耳栓)が必要か確認して下さいました。

シンガポール航空ファーストクラスのフルフラット

フルフラットになるのは勿論、ワイドも広い。

シンガポール航空ファーストクラスのフルフラット

とってもリラックスでき、ぐっすり眠れました:)

シンガポール航空ファーストクラスのフルフラットベッド

ミルクティーカラーの世界ですね、大好きな感じ❤︎

シンガポール航空ファーストクラスのフルフラットベッド

起きた時に撮ったのでグチャっとしちゃってますが、シーツにもラリックのアイコンであるイロンデル(ツバメ)がゴールドの刺繍で施されていて素敵でした。

スポンサーリンク

アメニティ

シンガポール航空ファーストクラスのアメニティポーチ

お持ち帰り出来るアメニティポーチはラリックのもの。

シンガポール航空ファーストクラスのアメニティポーチ

ネロリの香りの石鹸、リップバーム、ボディローション、ルームスプレーが入ってました。

ルームスプレーは既製品サイズだと1万円以上のお品。なんてラグジュアリーなアメニティでしょう。

お家でも香りで旅の余韻に浸れるのは素敵だなぁ。

シンガポール航空ファーストクラス ラリックのアメニティポーチ

立体型のポーチはマチが深いので、トラベル用のスキンケアのボトルなどを入れるのにも便利だと思います。

これからの旅に重宝しそうで嬉しい:)

シンガポール航空ファーストクラス バングアンドオルフセンのヘッドホン

ヘッドホンはデンマークの高級オーディオブランド、Bang & Olufsen(バングアンドオルフセン)。

シンガポール航空ファーストクラス バングアンドオルフセンのヘッドホン

ノイズキャンセリング「 Beoplay H9i」。高級なものでした…

私、バングアンドオルフセン大好きで、機能はもちろんデザインもオシャレですし、上品な淡いピンクのワイヤレスイヤホンを使ってます。

シンガポール航空ファーストクラスのヘッドホン

当てる部分のカバーが付いていました。清潔ですよね。

シンガポール航空ファーストクラスのパジャマ

お持ち帰り出来るパジャマもラリックのもの。

海外はパジャマがないホテルが多いので、往路で頂けるととっても重宝します。

シンガポール航空ファーストクラス ラリックのパジャマ

薄手のキーネックで、私は一番好きなタイプです。

Sサイズをご用意下さってましたが、大きくなくキツくもなく、丁度良いサイズ感でした。

シンガポール航空ファーストクラス ラリックのスリッパ

スリッパもラリックのシンボルが❤︎とっても素敵でテンション上がりました。

袋から出して渡していただけたり、終始とても丁寧で細やかにお気遣い下さっていました。

スポンサーリンク

シンガポール航空 羽田→シンガポール便ファーストクラスの機内食

世界一美味しいと評する人も多いシンガポール航空の機内食。

対象の空港から出発する便のプレミアムエコノミークラス以上は「ブックザクック」と称する事前予約でしか指定出来ないメニューが豊富なんです!

東京の成田・羽田出発便は利用可能。

機内食事前予約はブックザクック、機内食メニュー、ベジタリアンメニューなどの特別機内食から1つを指定出来ます。

シンガポール航空のブックザクックを含む機内食の事前予約はこちらに詳しくまとめました。

シンガポール航空機内食事前予約ブックザクック
シンガポール航空機内食事前予約ブックザクック❤︎対象便・おすすめメニュー

続きを見る

メニュー

機内で配られる機内食メニューは、日本発着便でも日本語表記はありません。

搭乗の7日前から公式サイトで確認可能、日本発着便はフードメニューだけ日本語表記にも出来ます。

クリックで拡大します。

フードメニュー

シンガポール↔︎東京間、または東京発ロサンゼルス行きのファーストクラス/スイートクラス限定の「京懐石」も用意されています。

シンガポール航空羽田ファーストクラス機内食
シンガポール航空羽田ファーストクラス機内食

ドリンクメニュー

シャンパンはなんと3種類もあるんです!クリュッグとテタンジェが定番で、もう1つはマンスリーで変わります。

以前はドンペリも定番だったんですが、航空会社ではエミレーツが独占契約した為、現在はラインナップされていません。

シンガポールと言えば紅茶の高級ブランド「TWG」が大人気ですが、フレーバーが豊富に揃っています。

シンガポール航空羽田ファーストクラス機内食
シンガポール航空羽田ファーストクラス機内食
シンガポール航空羽田ファーストクラス機内食
シンガポール航空羽田ファーストクラス機内食
シンガポール航空羽田ファーストクラス機内食
シンガポール航空羽田ファーストクラス機内食
シンガポール航空羽田ファーストクラス機内食
シンガポール航空羽田ファーストクラス機内食

ウェルカムドリンク

シンガポール航空ファーストクラスのシャンパン

シャンパーニュ
クリュッグ グランド キュヴェ

ファーストクラスと言えばやっぱりシャンパンだよねってことで:)

シンガポール航空ファーストクラス機内食

モクテル
カシスディライト

離陸後にお代わりするか確認下さったので、お酒が強くない私はノンアルコールにしました。

柑橘系の爽やかな飲み心地のカクテル。ナッツも一緒にサーブ下さいました。

ランチ

機内食の希望時間を確認下さったんですが、この時だけかな?暫く揺れやすいからと2時間後辺りからのスタートをお勧めいただきました。

事前に日本便限定の京懐石を予約しておいたんですが、それ以外にもオーダー可能とのこと、やっぱりキャビアだよねってことで2人とも追加しました。

 

我が家はファーストクラスで寝る時間のあるフライトは端の席が好きなんですが、機内食は出来れば一緒に頂いて楽しみたいタイプ。

可能か伺ったところ、シートもテーブルも1人用になっているけれど、2人で並んでも座れることは座れるとのこと。

1人用のテーブルですがアレンジしてサーブ下さるとのこと、ありがたく旦那さんの1Aで頂くことにしました。

シンガポール航空ファーストクラス機内食

シンガポール風チキンサテ
玉ねぎ、キュウリ、ピリ辛ピーナッツソースを添えて

まずはサテーがサーブされました。

しっとり柔らかくて、今まで食べたサテーで一番美味しいと思いました。

旦那さんはあまりサテーは好まないんですが、こちらは美味しくて完食していました。

シンガポール航空ファーストクラスのキャビア

ベルヴェデール ウォッカ
前菜
冷製マロソルキャビア

シンガポール航空では7時間以上のフライトで、ファーストクラスの機内食に冷製マロソルキャビアがラインナップされるそうです。

卵本来の味を楽しめる極薄塩加工の高級品マロソルキャビアがひと瓶丸ごとの贅沢さ❤︎

シンガポール航空ファーストクラスのキャビア

キャビアに金属のイオン臭が移らないよう、ケースも素敵なシェルスプーン。

シンガポール航空ファーストクラスのウォッカ

ペアリングでウォッカをお勧め下さいました。

ポーランドで生まれたラグジュアリーウォッカで、かつて王族が住んでいた「ベルヴェデール宮殿」にちなんで名づけられたベルヴェデール。

シンガポール航空ファーストクラス機内食

何度かファーストクラスでキャビアを頂いたことがあるのですが、量も非常にたっぷりですし最もラグジュアリーさを感じるプレゼンテーションでした。

 

いよいよ人気メニュー、ミシュランの3つ星レストラン「菊乃井」村田吉弘氏監修の京懐石です。

本来のサーブの仕方だとテーブルに2人分乗らないのでアレンジ下さっています。

シンガポール航空ファーストクラス京懐石

先付
鱧とトマトの柳おろし和え
蛸の黄身酢掛けとアスパラガス
トウモロコシ豆腐とカニのワサビ餡

シンガポール航空ファーストクラス京懐石

向付
かんぱち昆布乄の炙り
あおり烏賊醤油漬け

こんな繊細な日本食を外資航空会社で頂けるとは、いきなり驚いちゃいました。

シンガポール航空ファーストクラス京懐石

蓋物
和牛すき焼き 玉葱 椎茸 針葱 山椒 温泉卵

お肉が厚めだったんですが、とっても柔らかくて非常に美味しかったです。

甘じょっぱいタレに温泉卵がとろーり絡む、パーフェクトな仕上がり。

シンガポール航空ファーストクラス京懐石

焼物
いぶし鶏
フルーツトマトの梅酢漬け
ずいき
糸鰹
強肴
焼きナス、しし唐、胡麻だれを添えて
ご飯
蛸御飯 みつ葉
香の物
留椀
枝豆のすり流し 海老真丈

シンガポール航空ファーストクラス京懐石

鮑が雲丹で溺れています…この贅沢さにさらにびっくり❤︎

シンガポール航空ファーストクラス京懐石

旨みが効いて、こんな美味しいタコ飯初めて食べました。

上品な出汁にヒタヒタに浸かった焼き茄子も最高でしたし、何を頂いても想像以上でした。

シンガポール航空ファーストクラス京懐石

日本茶
水菓子

木の芽アイスクリーム
抹茶寒天
小豆
西瓜

デザートの時に更に驚きが…スモークと一緒にサーブ下さり、シンガポール航空のテディベアまでプレゼント下さったんです。

シンガポール航空ファーストクラス機内食

まさか機上でこんな演出までして下さるとは!本当に驚きました。

上質な食材が惜しみなく使われた絶品のお料理をとったも楽しく頂け、CAさんのホスピタリティに感動❤︎

シンガポール航空テディベア

クマちゃん嬉しいな:)

スポンサーリンク

シンガポール航空ファーストクラス搭乗記のVlogはYouTubeで公開中

 

コメントや高評価、いつもありがとうございます:)励みになります。

高級食材が繊細な味つ付けで仕上げられた非常に美味しい機内食、ラリックのアメニティ、羽田空港のANAスイートラウンジとプライオリティパスで利用しTIATラウンジをぎゅっと動画にまとめました。ぜひご覧ください:)

マイルでシンガポール航空ファーストクラスを予約

シンガポール航空のマイルが貯まるクレットカード

マリオットアメックスで貯まるマリオットボンヴォイポイント、プロパーのアメックスで貯まるアメックスリワードポイントがシンガポール航空マイルに交換可能です。

マリオットアメックスは一般カードだとレートが下がってしまうので、プレミアムカードがお勧めです。

リワードポイントはアメックスグリーン、アメックスゴールド、アメックスプラチナも、個人カードとビジネスカード共に基本的なレートは同じです。

クレジットカード交換レート
マリオットアメックスプレミアム100円=最大1.25マイル
アメックスグリーン
アメックスゴールド
アメックスプラチナ
125円 =最大1マイル

一番おすすめなのは交換レートの高いマリオットアメックスプレミアムです。

マリオットアメックスプレミアムマリオットボンヴォイ参加ホテルで使うとでじゃんじゃん貯まります。

マリオットポイントのマイルへの交換方法はこちらにまとめました。

シンガポール航空のファーストクラスは必要マイル数が多いので、プロパーアメックスの入会ボーナスポイントなどとWで貯めると、ぐっと現実味が出てくると思います。

かかったマイルと費用、シンガポール航空は燃油サーチャージなし

シンガポール航空クリスフライヤーマイル数1人120,000マイル
2人240,000マイル
諸費用1人5,070円
2人 10,140円
シンガポール航空ファーストクラス必要マイル数

シンガポール航空の必要マイルは空席状況により、「ADVANTAGE(アドバンテージ)」少ないマイル数で予約出来る「SAVER(セイバー)」の2種類があります。

このブログを書くのにさっと見たところ、ファーストクラスなら日よってはセイバーの1人77,000マイルで予約出来る日もありました。

休暇を調整しやすい方は、優先的にセイバーの日程で探すことをお勧めします!

スポンサーリンク

おわりに

シンガポール航空は国際的な航空輸送評価機関であるスカイトラックス社が評する「ワールドエアラインアワード」の、2023年の1位に選出されています。

2023年は4つの賞で世界一に輝いており、毎年カタール航空との2強といった印象。

今回初めてのシンガポール航空のフライトでしたが、私も機内食は世界一だと思いました。

ここまで豪華で美味しい機内食は、ファーストクラスでもそうそうないなと。

そして何よりCAの皆さんがとっても親切且つフレンドリーで、サービス精神に溢れていらっしゃいました。

写真や動画も自発的にじゃんじゃん撮って下さいます。

もはや飛ぶエンターテイメントでした:)

次の記事ではシンガポール航空の最上級ファーストクラスであるスイートクラスのレポートです!

ちなみにですが本記事執筆時点で10月から数ヶ月間、成田↔︎シンガポール便のスイートクラスが再就航します。

しかもファーストクラスもスイートクラスも必要マイル数は同じです!

カタール航空バナー

2023年8月シンガポール航空旅行記

シンガポール航空プライベートルームはファーストクラスラウンジ最高峰

シンガポール航空プライベートルーム ファーストクラスラウンジ
シンガポール航空プライベートルームはファーストクラスラウンジ最高峰❤︎利用条件・食事・到着時の訪問記ブログ

続きを見る

シンガポール航空シルバークリス ファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジ

シンガポール航空シルバークリス ファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジ
シンガポール航空シルバークリス ファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジ❤︎利用条件・食事の訪問記ブログ

続きを見る

シンガポール航空スイートクラス シンガポール→香港便搭乗記

シンガポール航空スイートクラスのブログ搭乗記
シンガポール航空スイートクラスは最上級ファーストクラス❤︎マイル・機内食のブログ搭乗記

続きを見る

マイルを貯めるにはマリオットアメックスプレミアムがおすすめ

マリオットアメックスで貯まるマリオットボンヴォイポイントは高級ホテルに無料宿泊出来るだけでなく。

JALやANAを含む約40社のマイルに高レートで交換出来る、今のご時世スペックがかなり輝くクレジットカードです。

私はコロナ禍の3年間、他に出来る楽しみが少なくついついマリオットのアンバサダーエリートを更新し続けちゃったんですが、その間ポイントをホテル宿泊には殆ど使いませんから、結構たっぷり貯まりました。

高い燃油サーチャージがかからないよう、好きなマイレージに交換出来るので益々便利さを感じています。

ポイントをホテルで使うも良し、マイルに変えるも良し、ご自身の旅行スタイルや気分に合わせられるのは、本当に強い!

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム
  • 本来25泊必要なマリオットボンヴォイのゴールドエリート資格を無条件で付与
  • お部屋のアップグレード、14時までのレイトチェックアウト特典
  • 決済で貯まるマリオットボンヴォイポイントでリッツカールトンなどラグジュアリーホテルに無料宿泊が叶う
  • ポイントはJALやANA含む40社と提携、一部マイル除き100円=1.25マイルとクレカ界トップレベルの交換レート
  • マリオットボンヴォイ参加ホテルでの支払いはポイント2倍
  • 入会ボーナスポイントでホテルにタダで泊まれる
  • 2年目から150万決済で無料宿泊特典プレゼント
  • 本来50泊必要なマリオットボンヴォイのプラチナエリート資格を年間400万円の決済で1年間付与、朝食とラウンジアクセスが無料に
  • 家族カード1枚無料、アメックスが多発するキャッシュバックキャンペーンが2倍楽しめてお得

マリオットアメックスプレミアムの詳しい特典や、公式サイトよりお得な入会キャンペーンは読者限定記事にて綴っています。

読者限定記事の閲覧をご希望の方は下記バナーからお申し込み下さい。

読者限定記事閲覧お申し込みはこちら

マリオット、ヒルトン共に家族カード全員即ゴールド会員のアメックスプラチナもおすすめ

アメックスプラチナ紹介

年会費165,000円(税込)と高額な分、特典が手厚いクレジットカード。
1つのホテルグループに囚われず、色んなホテルに賢くラグジュアリーに泊まりたい方には、アメックスプラチナ、アメックスビジネスプラチナが最もおすすめです。
4枚まで無料発行出来る家族or追加カードもマリオット、ヒルトン、ラディソンのゴールド会員資格付与、プライオリティパスも全員無料です。

個人カードのアメックスプラチナは更に外貨決済ポイント3倍、本会員のみプリンスホテルズ&リゾーツのプラチナメンバー資格付与、毎年お誕生日プレゼントが頂けます。

  • 家族カードor追加カード4枚無料
  • 家族or追加カードでもマリオット、ヒルトン、ラディソンのゴールド会員資格付与
  • 家族or追加カードでもプライオリティパス無料
  • FHR特典でラグジュアリーホテルに12時チェックイン・16時チェックアウト、朝食&ホテルクレジット付きで予約可能
  • 決済で貯まるアメックスリワードポイントで支払でき、旅行が無料または節約が叶う
  • 2年目から毎年無料宿泊特典プレゼント
  • アメックスが多発するキャッシュバックキャンペーンが最大5人楽しめて超お得に
  • 提携レストラン2名以上利用で1名無料
  • 24時間365対応のコンシェルジュサービス
  • 本会員はステイタス感溢れるメタル製プラチナ・カード

アメックスプラチナ・アメックスビジネスプラチナの詳しい特典や、公式サイトよりお得な入会キャンペーンは読者限定記事にて綴っています。

読者限定記事の閲覧をご希望の方は下記バナーからお申し込み下さい。

読者限定記事閲覧お申し込みはこちら

-搭乗記, シンガポール航空
-,