アメックスゴールドビジネスカードが今なら1年間無料!最大68000Pもらえる秘密のキャンペーンはこちら

憧れのセントレジスホテル大阪に無料宿泊♡バトラーサービスとプラチナ特典をレポート

セントレジス大阪マリオットボンヴォイ

憧れのセントレジス大阪に、夫婦で2月末に宿泊してきました。

今回はとある方法で、宿泊費がなんと完全に無料となりました♡

セントレジスは香港に行ったことがあり、とても好きなホテルの1つです。

大阪は初めてでしたが、ラグジュアリーかつホスピタリティに満ちた素敵なホテルで、すっかりファンになっちゃいました♡

本記事では セントレジスホテル大阪へのアクセスお得に泊る方法宿泊した客室バトラーサービスマリオットボンヴォイの会員特典宿泊者が無料で利用出来るフィットネスジムをレポートします。

セントレジスホテル大阪とは

セントレジスホテル大阪
ホテル名セントレジスホテル大阪
ホテルランク 5.0
マリオットのホテルカテゴリー7
1泊に必要なポイント数オフピーク:50,000P
スタンダード:60,000P
ピーク:70,000P
チェックイン時間15:00から
チェックアウト時間12:00まで
エグゼクティブクラブラウンジ×
プール×
住所大阪市中央区本町3丁目6番12号
最寄り駅地下鉄御堂筋線「本町」駅

2010年10月1日開業。

『セントレジス』はマリオット・インターナショナルの最高級ブランドの1つで、 1904年に上流階級のためのホテルとして創業された『セントレジス ニューヨーク』から始まっています。

余談ですが創業者のジョン・ジェイコブ・アスター四世は、タイタニック号沈没の犠牲者なんだそう。

日本ではここ大阪一軒のみとなり、『大阪のシャンゼリゼ』と呼ばれる御堂筋沿いの中央に位置します。

複合ビル『本町ガーデンシティ』の 1、2階と11階から27階がホテルとなります。

セントレジスといえば24時間バトラー(執事)サービスですが、全室で提供されています。

セントレジスホテル大阪

天井が非常に高く、洋と和が調和されたリュクスな空気感が漂っています。

セントレジスホテル大阪の場所と行き方

地下鉄御堂筋線「本町」駅直結、 7番出口すぐ

セントレジス大阪の行き方

地下鉄の駅を出ると、すぐに本町ガーデンシティとセントレジスのサイネージが見えます。

セントレジス大阪の行き方

道なりにエスカレーターがあり、迷うことなく本町ガーデンシティに行けました。

エスカレーターを降りて右側に進むとホテルエントランスがあります。

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイ会員特典

セントレジスホテル大阪も参加している、世界最大のホテルグループ『マリオットインターナショナル』の会員プログラム『マリオットボンヴォイ』は、充実した会員特典が用意されています。

SPGアメックスで得られるゴールド特典

マリオットボンヴォイ公式クレジットカード『SPGアメックス』を保有する限り、本来は25泊で得られるゴールドエリートの資格が、無条件で付与されます。

ウェルカムギフト 500マリオットボンヴォイポイント
より望ましい客室へのアップグレード
最大14時までのレイトチェックアウト
滞在で獲得するベースポイントに対し25%のボーナスポイント付与

マリオットボンヴォイのポイントは高級ホテルに無料宿泊出来たり、JALやANAを含む約40の航空会社のマイレージに高レートで交換可能で利便性が高く、私も貯めています♡

プラチナ特典

本来なら50泊で得られる資格ですが、簡単に上級会員になれる『プラチナチャレンジ』に成功すると、その年+1年プラチナエリートの資格が付与されます。

客室内電話の市内通話無料
レストランでのご朝食
ミニバー1泊3,000円分利用
最大16時までのレイトチェックアウト
ウェルカムギフト 1,000マリオットボンヴォイポイント
スイートルームを含む客室アップグレード
滞在で獲得するベースポイントに対し50%のボーナスポイント付与

セントレジスは基本的にエグゼクティブクラブラウンジがないホテルブランドです。

その代替えのサービスとしてか、大阪はでミニバーが3,000円分無料になります。

チタン特典

プラチナ特典に加え、プラスαの特典がありました。

セントレジス大阪の特典
ウェルカムギフト1,000マリオットボンヴォイポイントもしくはブラッディ・マリーチケット
滞在で獲得するベースポイントに対しチタンは75%のボーナスポイント付与

私は現在チタンエリートなので、こちらが該当します。

特典の説明書にでさえ厚みのある紙が使用されていて、コストが掛かっているなと、前職で広報をしていた身としては感心しちゃいました。

ウェルカムギフトはせっかくなのでブラッディマリーチケットにし、『セントレジスバー』で1杯楽しみました♡

レストラン『ラベデュータ』での特典の無料朝食と併せ、次の記事でレポートします。

ディナーはホテル内のフレンチビストロ『ルドール』で頂き、お支払いを部屋付けにしたとことろ、ポイントもばっちり獲得出来ました。

クオリティが高いお料理でコスパも高く、スタッフの方がもとても親切で素敵なレストランでしたので、こちらも次の記事でレポートします。

スポンサーリンク

セントレジス大阪にお得に泊る方法

マリオットボンヴォイ参加ホテルはポイントで無料宿泊出来ちゃいます♡

必要ポイント数はホテルカテゴリーと称する8段階のランクと、ホテルの空室状況により定められます。

セントレジスホテル大阪のカテゴリー7
1泊あたりの必要ポイント数オフピーク:50,000P
スタンダード:60,000P
ピーク:70,000P

我が家も今回ポイントで、しかもオフピークのレートだったので、 50,000Pで完全に無料で宿泊出来ました。

ポイント宿泊でも、マリオットボンヴォイ特典は全て適用されます♡

そしてSPGアメックスは2年目からカードを継続する度に、毎年50,000Pまでのホテルで利用可能な無料宿泊のプレゼントがあり、そうですセントレジス大阪もオフピークなら利用出来てしまうんです!

ラグジュアリーな空間で非日常を味わえる素敵なホテルで、めちゃめちゃおすすめです♡

SPGアメックスは既存会員からの紹介で入会すると、ボーナスポイントが6,000P増え、39,000P獲得出来ます。

紹介プログラムは公になっていない、裏技とも言えるお得な入会方法です。

特典が付与されるのは対象のURLからの入会のみですので、ぜひご利用下さい。

チェックインは12Fレセプションで

チェックインは12Fに位置するレセプションでとなります。

ロビーでウェルカムドリンクをサーブいただきました。

セントレジス大阪

今回はスイートルーム1つ手前の『スカイライングランドデラックスキング』にアップグレードしていただけました♡

とても素敵な客室だったのですが、セントレジス大阪はそもそも客室は全て高層階に位置し、狭い部屋がないので、もしアップグレードがなくてもラグジュアリーなホテルステイを楽しめると思います。

スポンサーリンク

客室: スカイライングランドデラックスキングは非日常を味わえる

セントレジス大阪

左がバスルームととなりにウォークインクローゼット、奥がリビングベッドルームです。

足を踏み入れた感想は「日本にもこんな洗練されたラグジュアリーな客室のホテルがあるんだな」と、非常に嬉しくなったことを覚えています。

リビングベッドルームは広々、景観も素晴らしい

セントレジス大阪

水墨画をイメージしたヘッドボードなど、和の要素と洋のディテールを組み合わせたモダンな雰囲気。

客室も天井が高く、広々とした贅沢な空間です。

セントレジス大阪

ベッドサイドテーブルを開けると、カーテンやライトのスイッチ、コンセントがセットされていました。

後述するバトラーボックスに荷物が届いているかも、分かるようになっていました。

セントレジス大阪のベッドルーム

窓が非常に大きく、開放感があります。

セントレジス大阪の夜景

夜景がとても素敵で、暫くカーテンを閉めずにベッドから眺望を楽しみました♡

セントレジス大阪のベッドルーム

扉を開けるとTVが収納されていました。

TVは向きを調整でき、ターンダウン時にベッドから見やすいよう、傾けてくれていました。

セントレジス大阪のウェルカムスイーツ

ウェルカムスイーツとして『たねや』の紫草という和菓子が用意されていました。

上品な甘さで美味しかったです♡

旦那さんが仕事だったので先に一人でチェックインしたのですが、早速バトラーサービスとしてドリンクを部屋まで運んでいただけました

バトラーに関しては後述しますね。

TVボードの横にはいかにも仕事が捗りそうなデスクがあるのですが、実は女性も嬉しい機能が。

セントレジス大阪のベッドルーム

じゃーん、中央のデスク部分が開くようになっており、ドレッサーになるんです♡

バスルームも凄く立派な客室なんですが、ドレッサーがあるとやはりメイクしやすい。

セントレジス大阪のベッドルーム

ステーショナリーがセットされたオーガナイザーも用意されていました。

香港のセントレジスにもあったので、ビジネスで訪れるエグゼクティブがターゲット層でもあるんでしょうね。

多分ホテル毎にポイントとなるカラーがあるようで、大阪では小物がノーブルなネイビーでまとめられていました。

セントレジス大阪のベッドルーム

デスクと反対側にも空間があります。

セントレジス大阪のベッドルーム

小物がオーガナイズ出来るジャケットハンガーは、旦那さんの時計等身の回りの物が管理しやすくて、あると助かるアイテムです。

スポンサーリンク

ミニバーがめっちゃお洒落♡

セントレジス大阪のミニバー

ベッドルーム奥にゴールドの観音開きの棚があって。

セントレジス大阪のミニバー

明けるとミニバーなんですよ!

モダンなジャポニズムな演出で、素敵ですね。

セントレジス大阪のミニバー

冷蔵庫もセットされています。

セントレジス大阪のミニバー

Tバッグとネスプレッソのコーヒーは無料です。

美しくセットされたグラスたち。

マリオットボンヴォイのプラチナエリート以上は、1泊3,000円まで無料でミニバーを利用出来ます。

セントレジス大阪のミニバー

価格は税サ抜き

ワイン 7,000円~9,000円
ハードリカー 1,950円
ビール 1,200円
フレッシュジュース 1,450円
ソフトドリンク 700円~920円
スナック 550円~1,400円

夜に無料でお酒を楽しむことも出来ますね♡

我が家はディナーや特典のバーで酔っぱらってしまい、シーバスリーガル12年とソフトドリンクをお持ち帰りさせて頂きました。

スポンサーリンク

バスルームは夢の空間

リビングベッドルームとはドアで仕切れるようになっており、プライバシーもばっちり保てます。

セントレジス大阪のバスルーム

ウェットエリアが広々としていて、これまたラグジュアリー。

セントレジス大阪のバスルーム

洗面シンクは2台、鏡も大きく、美しい空間でうっとり。

我が家のウェットエリアもこんな風にリフォームしたい、なんて考えちゃいます。

セントレジス大阪のアメニティ

アメニティは高級スパブランド『REMEDE(ルメードゥ)』。

セントレジス大阪のバスルーム

ドライヤーは使うほど髪が美しくなると評判の『レプロナイザー』で、5万円程もする超高級品。

ダイソンはラグジュアリーホテルでよく見るのですが、スイートルームでもないのにレプロナイザーがあるのは流石だと思いました。

セントレジス大阪のバスルーム

手前にはバスタブとシャワーの広々としたブース、トイレのブースがあります。

調度品もおしゃれ。

セントレジス大阪のバスルーム

タオルのロゴも素敵なんですよ♡

深くて大きなバスタブにはバスピローも用意されていて、とてもリラックス出来ました。

セントレジス大阪のボディシャワー

ボディシャワーやTVも備えられており、優雅なバスタイムを楽しめます。

スイートルームではなく標準の設備なんですよね、凄いなぁ。

セントレジス大阪

トイレは独立したブースとなっており、調度品まで飾られていました。

リビングベッドルームも素敵なんですけど、なによりバスルームが優雅すぎる!と、うっとりしました。

スポンサーリンク

クローゼットは本気のウォークイン

セントレジス大阪のウォークインクローゼット

バスルームの奥に位置します。

セントレジス大阪のウォークインクローゼット

扉を開くと大きな鏡が。

本気のウォークインで、クローゼットの中で着替えられる程の広さでした。

セントレジス大阪のウォークインクローゼット

右側はスーツケースなどを置けるスペースが。

セントレジス大阪のウォークインクローゼット

引き出しを開けると、日本らしくて素敵な浴衣が。

セントレジス大阪のウォークインクローゼット

左側が服を掛けるスペースです。

傘も用意されており、気が利いています。

セントレジス大阪のバスローブ

バスローブはラグジュアリーホテルやスパ御用達の『MONARCH CYPRESS(モナーク サイプレス)』。

セントレジス大阪のスリッパ

スリッパが肌触りが良くて、めちゃめちゃ気持ち良かった♡

スポンサーリンク

バトラーサービスは至れり尽くせり

セントレジスブランド創立以来100年以上に渡って受け継がれている、代名詞とも言えるバトラー(執事)サービス。

セントレジス大阪のバトラーサービス
バトラーサービスデスク
レストランの予約などコンシェルジュサービス
Eバトラーサービス
サービスをメールでリクエスト可
ビバレッジサービス
到着時と朝にコーヒーや紅茶などドリンクを部屋に運んでもらえる
荷造りと荷解き
衣装のプレス
1人1日2着まで
シューシャイン(靴磨き)もリクエスト可
セントレジス大阪のバトラーサービス

エントランスすぐにバトラーボックスがあり、アイロンプレスやシューシャインを依頼し、中に入れておくと、希望時間に届けていただけます。

対面での受け渡しの必要がなく、とても便利♡

シューシャインをお願いしたところ、新聞と共に届けていただいていました。

セントレジス大阪のバトラーサービス

朝にモーニングコールと共に、コーヒーをお願いしました。

ホテル内のフレンチビストロ『ルドール』 のディナーの予約もしていただきました。

スポンサーリンク

フィットネスジムはシンプルだがマシーンが揃っている

場所14F
営業時間24時間
セントレジス大阪

14Fにはスパとジムがあり、エレベーターを降りると滝のようなアクアウォールの演出が。

セントレジス大阪のジム
画像は公式サイトより

宿泊客は無料で利用でき、基本的にスタッフは無人でルームキーで入室します。

有料ですがレンタルウェアもあるそうです。

利用者が居たので写真は撮りませんでしたが、シンプルなスペースながら窓が大きく、開放感がありました。

トレッドミル、エアロバイク、有酸素運動シンクロマシンやサーキットマシンなどが揃っています。

屋上庭園でリフレッシュ

セントレジス大阪の屋上庭園

12Fレセプションフロアには日本庭園もあるんです。

セントレジス大阪の日本庭園

大阪の中心部でありながら、緑に囲まれた非日常の空間を楽しめます。

夜にチラッと見たら、ライトアップされていて素敵でした。

季節によってはシャンパンガーデンなども開催されるそう。

スポンサーリンク

おわりに

このブログを書いていて、またすぐに泊まりに行きたくなっちゃいました。

この素敵なセントレジスホテル大阪は、オフピークならSPGアメックスの特典宿泊で泊まれてしまう、信じられない程のお得さです。

日本にあるマリオットボンヴォイのホテルでは、今のところ一番好きかもしれません。

空間が醸し出すラグジュアリー感が素晴らしく、非日常を味わえ、贅沢なホテルステイを楽しめました。

記念日を過ごすのにもぴったりな特別感と、素晴らしいホスピタリティだと思います♡

次の記事ではプラチナ特典のレストラン『ラベデュータ』の朝食、チタン特典の『セントレジスバー』、クオリティとコスパが素晴らしかったフレンチビストロ『ルドール』のディナーをレポートします。

入会するだけで即ゴールドエリートになり、最大39,000獲得出来るSPGアメックスについてはこちら

朝食特典が付く、プラチナエリートに簡単になれる方法はこちら。

コメント

この記事を書いた人
マイルトラベリング

海外旅行、ホテルステイ、ホテルブッフェが好きな夫婦が、ラグジュアリーな体験をお得に楽しむ方法や、ポイ活の感覚で気軽にできる投資情報をシェアしています。
ブログ運営は夫が、執筆は妻が担当。
妻は元アパレルのプレス、現普通の主婦です。
ウェスティンホテル東京での結婚式をきっかけにSPGアメックス・ホルダーに。

マイルトラベリングをフォローする

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

タイトルとURLをコピーしました