お盆休みに50万円の極上スイートルームにアップグレード♡【ザ・リッツ・カールトン ドバイ】ポイント予約で無料宿泊

リッツカールトンドバイ マリオットボンヴォイ

お盆休みにJALマイルを使って、夫婦でエミレーツ航空ファーストクラスでドバイ→香港旅行をしました。

ドバイの滞在は4泊5日で、3日目は世界最大のホテルグループ、マリオットインターナショナルのザ・リッツ・カールトン ドバイに宿泊しました。

検索してもあまりヒットせず、ホテルで日本人も見掛けなかったのですが、めちゃめちゃ素敵なホテルでしたので、とてもおすすめしたいです!

今回の旅行はお誕生日が近く、お祝いを兼ねていたこともあり、びっくりする程素晴らしいスイートルームにアップグレード頂き、嬉しいサプライズの連続でした♡

本記事ではザ・リッツ・カールトン ドバイへの行き方お得に宿泊する方法今回滞在したスイートルームホテルからの誕生日のお祝いをレポートします。

スポンサーリンク

ザ・リッツ・カールトン ドバイとは

ザ・リッツ・カールトン ドバイ

1998年創業したリッツカールトンドバイは、アラビア湾を望むジュメイラ・ビーチのビーチ フロントという絶好のロケーションを誇る、地中海スタイルのリゾートホテルです。

ザ・リッツ・カールトン ドバイ

アラブの装飾が施された、エレガントな空間が広がるロビー。

ザ・リッツ・カールトン ドバイ

上品でありながら、ドバイらしいゴージャス感を兼ね揃えた美しいホテルです。

白砂のビーチとプールが楽しめるだけでなく、エミレーツ ゴルフクラブおよびモンゴメリー ドバイ ゴルフコースに隣接しています。

スポンサーリンク

ドバイ空港からザ・リッツ・カールトン ドバイへのアクセス

ドバイ, 26525 アラブ首長国連邦

空港からはタクシーで約40分、2,500円ぐらい+チップです。

タクシーはクレジットカードが使えましたが、ちょっと言葉が通じにくかったので、クレジットカードを利用したい方は最初にカードを見せておくと安心かと思います。

ドバイはUberも発達しており、値段はタクシーより若干高い設定のようでしたが、行き先を指定できる分、楽だとは思いました。

Uber初回限定クーポン

Uberを始めて利用する方は、最初の3回までの乗車が2米ドル割引になるクーポンコードが使えます♡

クーポンコード f5z41pafue

※ Uberの登録は利用したい現地で行ってください。クーポンも現地の通貨になります。

チェックアウト後、次のホテルに移動する際、タクシーを頼んだところホテルのクラブカーを勧められてので利用してみました。

支払いは現金のみ、値段はタクシーの2倍ぐらいでした。

部屋付け出来なかったのでマリオットボンヴォイポイント付与対象外でした。

ザ・リッツ・カールトン ドバイの予約

夏のドバイはとても暑い為、オフシーズンになり、ホテル代も安くなるそうです。

8月だと最安値の客室が1泊3万円弱と比較的お手頃で、10月の週末は約10万円と、シーズンにより値段の幅があるようです。

今回は1泊で、完全に無料で宿泊しています

リッツカールトンドバイも参加しているマリオットインターナショナルでは、ポイントで無料宿泊出来ちゃうんです♡

必要ポイント数はカテゴリーと称されたホテルランクと、シーズンにより変動します。

リッツカールトンドバイのホテルカテゴリー8
1泊の必要ポイント数
2019年9月14日からシーズンレート導入
オフピーク:70,000P
スタンダート:85,000P
ピーク:100,000P

マリオットインターナショナルのホテルカテゴリーは1~8となっており、リッツカールトンドバイは最上級の8となります。

私は85,000Pで予約しました。

マリオットボンヴォイポイントを貯めるには、SPGアメックスがマストだと思います。

入会特典で36,000P獲得出来るところ、既存会員からの紹介ですと39,000P獲得出来るのでお得です♡

スポンサーリンク

極上スイートルームにアップグレード

私はマリオットボンヴォイの上級会員になれるプラチナチャレンジを経て、現在はチタンエリートになっています。

マリオットボンヴォイでは空室状況により客室がアップグレードされる特典もあります。

プラチナエリート以上のステータスだと、なんとスイートルームにアップグレードされる可能性も!

予約を入れるとリッツカールトンドバイから直接メールが届き、こんな件がありました。

To better assist us with ensuring the details of your reservation, please let us know the following: If you are celebrating a special occasion

何かお祝いがあれば教えてください

今回はお誕生日が近かったこともあり、お祝いを兼ねた旅行ですと返信しておきました。

ザ・リッツ・カールトン ドバイ

エントランスのアプローチもうっとりする程素敵なリッツカールトンドバイには、10時頃到着しました。

観光に行く予定だったので、荷物だけ預けてすぐ外出すると伝えました。

スタッフ
スタッフ

お誕生日おめでとうございます。

お戻りまでに客室をご用意しておきます。

クラブラウンジのアクセスと、明朝はレストランの朝食を無料でお付けします。

まだ間に合うので、よろしければ出発前にラウンジで朝ごはんを召し上がって行ってください。

リッツカールトンはオフィシャルなレギュレーションですと、どのステータスの会員でもクラブラウンジのアクセスと無料朝食は付かず、それらの特典はクラブレベルを予約する必要があります。

リッツカールトンドバイは隠れプラチナ特典として、プラチナエリート以上の会員には両特典を付けているそうです!

※こちらのホテルのプラチナ特典は次の記事にまとめます

ホテルへは14時頃戻りました。

スタッフ
スタッフ

お客様はとてもラッキーですよ。

素晴らしい客室をご用意出来ました。

係の者がご案内致します。

アサインされたのはなんと、ホテルに1つしかない客室のエミレーツスイートでした!!

リッツカールトンドバイの客室のグレードは下記となります。

デラックスルーム, ゲストルーム, バルコニー ←ポイント予約出来る客室
オーシャンビュー, ゲストルーム, オーシャンフェーシングビュー
クラブ・デラックスルーム, クラブラウンジ, ゲストルーム, シービュー
1ベッドルームスイート, 1ベッドルームスイート, プールビュー
1ベッドルーム ガルフスイート, 1ベッドルームエグゼクティブ スイート
1ベッドルーム クラブスイート, クラブラウンジ, シービュー, 高 フロア
1ベッドルーム オーシャンクラブスイート, クラブラウンジ, シービュー
ファミリールーム – コネクティング, 大きめ ゲストルーム, バルコニー
ファミリースイート – コネクティング, 2ベッドルーム大きめ スイート
エミレーツ・スイート, クラブレベル, 1ベッドルーム大きめ スイート  ←アップグレードされた客室
プレジデンシャル・スイート, クラブレベル, パーム・アイランド 眺め
ロイヤル・スイート, クラブラウンジ, 2ベッドルームスイート

レセプショニストの方に後ほどお礼を言いに行った際に教えてくれたのですが、エミレーツスイートはプレジデンシャルスイートの位置付で、ホテルに1つしかない特別な客室とのこと!

ザ・リッツ・カールトン ドバイの予約

エミレーツスイートから格が違うと言うか、グッと値段がアップしています。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

比較的ホテル代がリーズナブルと言われているドバイですが、夏でも1泊474,075円と50万円弱のお部屋でした、、、

今回ポイント予約の完全に無料宿泊で、アップグレードの為の追加ポイントや料金はありませんでしたが、まさかの1泊約50万、200平米のエミレーツスイートと称した、プレジデンシャルスイートにアップグレードして頂き、正直とてもびっくりしました!

プラチナチャレンジをして本当に良かったと思えた瞬間でした♡

スポンサーリンク

客室 エミレーツ・スイート

リッツカールトンドバイ

素敵な廊下を通ってエレベーターに乗り、4階の正面の客室でした。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

スイートルームって端にあるイメージなのですが、便利で良かったです。

エントランス

リッツカールトンドバイのスイートルーム

入ってすぐ部屋ではなく、生花が飾られたエントランスホールがありました、、、

凄い部屋な予感しかしないです。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

こちらに洗面所もあります。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

おトイレにも生花が♡

ソープだけでなく、ハンドクリームも用意されており、いきなりホスピタリティーに満ちています。

リビングルーム

リッツカールトンドバイのスイートルーム

エントランスから見ても、もうめっちゃ広いんですよ!

200平米の客室って凄いですね。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

至る所に生花が飾らており、本当に贅沢♡

クラブレベルとスイートにはDVDプレーヤーも完備されています。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

ソファーセットとは別にダイニングテーブルセットもありました。

絵画もいくつあるか分からない程ふんだんに飾られ、部屋を彩っていました。

スポンサーリンク

ミニバー

リッツカールトンドバイのスイートルーム

リビングルーム入り口付近にありました。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

所所に飾られたテーブルランプも美しい。

スナックなどは有料です。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

コーヒー、紅茶、ミネラルウォーターは無料、ワインは有料。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

冷蔵庫の中も有料。

モエシャンがあるあたり、流石です。

スポンサーリンク

ベッドルーム

リッツカールトンドバイのスイートルーム

ベッドルームも広々していて、ラグジュアリーの一言♡

1人用のカウチソファーもありました。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

派手過ぎないエレガントさと、可愛らしさもあるテイストで、私は大好きなインテリアでした。

ベッドサイドのテーブルランプが本気で欲しいです、お高そうですが。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

TV、DVDプレイヤーも完備。ライティングデスクもありました。

クローゼット

リッツカールトンドバイのスイートルーム

ベッドルームに入ってすぐに位置します。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

本気のウォークインで大きなクローゼットです。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

2人で利用しても十二分の広さで、使い勝手も良く、夢のようなクローゼット♡

リッツカールトンドバイのスイートルーム

シューミットも用意されていますが、シューシャインも無料でした。

アイロンプレスはクラブレベル宿泊だと1日2枚まで無料です。

スポンサーリンク

バスルーム

色々と凄いお部屋だったんですが、バスルームもとにかく凄かったです、、、

今まで宿泊した中でも一番ゴージャスなバスルームでした。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

クローゼットの横、ベッドルームの奥に位置します。

もう見え感がヤバくないですか!どこぞのハリウッド女優のバスルームかと思いました。

もちろん扉が閉まるので、プライバシーもバッチリ守られます。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

ダブルで広々としたシンク、奥には陶器が飾られていました。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

バスルームにも生花が♡

日本だったら記念に薔薇一輪いただきたかったなぁ。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

ドレッサーも別途あり、もう本気で夢のバスルームでしかないです。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

奥にトイレとシャワーブースが。

シャンデリアが見たことのある作品な気がするんですが、思い出せなくてウズウズします(笑)。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

ドバイのおトイレはビデがセットになっていました。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

シャワーブースがめっちゃ広くて、レインフォレストシャワーに加え、左右に3ずつシャワーヘッドのあるボディシャワーも完備されていました。

すっごく気持ち良かったです♡

リッツカールトンドバイのスイートルーム

アメニティのAsprey(アスプレイ)はふんだんに用意されていました。

スポンサーリンク

テラス

リッツカールトンドバイのスイートルーム

ベッドルームのバスルームと反対側に大きな窓がありますが、、、

リッツカールトンドバイのスイートルーム

テラスもめちゃめちゃ広いんですよ!

旦那さんが『これ有吉とかがTVロケする所だよね』と言ってました。

リッツカールトンドバイのプール

エミレーツスイートは眺望も素敵で。

リッツカールトンドバイのオーシャンビュー

プールビューだけでなく、オーシャンビューでもあるんです。夜景も楽しみ♡

上下階の客室にはこのスペースがなく、エミレーツスイートだけにあるテラスようでした。

本当に贅沢なお部屋です。

ターンダウン&お誕生日祝い

リッツカールトンドバイのスイートルーム

夜、クラブラウンジから戻ると、お祝いの手書きメッセージとチョコレートケーキのオペラが。

大変美味しくいただきました♡

私、ホテルからいただくメッセージカードって捨てれなくて、お家の思い出BOXにしまってます。

みなさんどうしてるんだろう?

リッツカールトンドバイのスイートルーム

ベッドにも素敵な飾り付けが♡

リッツカールトンドバイのスイートルーム

薔薇の花びらはすぐ処分するのが忍びなくて、ローズバスにして優雅なバスタイムを楽しみました。

スポンサーリンク

テラスからの夜景

リッツカールトンドバイのスイートルーム

それはそれは綺麗だったんですよ♡

リッツカールトンドバイのスイートルーム

ドバイらしい華やかなイルミネーションとビーチが見える、贅沢な眺望でした。

リッツカールトンドバイのスイートルーム

月明りと相まって神秘的でもありました。

なんだかパワースポット的な感じしたかも。

スポンサーリンク

おわりに

私、結婚式がウェスティンホテル東京のスイートルームだったんですが、そのおかげて宿泊出来たインペリアルスイートと同等の素晴らしい客室でした。

これもレセプションにお礼を言いに行った際に聞いたのですが『本当は違う客室を用意していたが、1泊でチェックインも早くないし、チェックアウトも遅くない(12時ごろ)し、お誕生日だから特別にエミレーツスイートにした』とのことでした。

ポイント宿泊で、ここまで素晴らしい客室にアップグレードして頂ける事は、なかなか無いと思います。

本当に感謝しかないです♡

豪華なだけでなくインテリアのセンスも素敵で、参考にしたいなと思いました。

ホテルの方はみなさん気さくで優しいし、例えUberを呼んでいても車寄せにいるスタッフが気遣ってケアくれるし、素晴らしいホテルでした。

また是非泊まりたいです。

次の記事ではプールとビーチ、隠れプラチナ特典のクラブラウンジと朝食をレポートします。

スポンサーリンク

今回のドバイ・香港旅行は、プチプライスで大変ラグジュアリーな旅を実現することができました♡

ドバイにはSPGアメックスとモッピーで貯めたJALマイルを使って、エミレーツ航空ファーストクラスに搭乗出来ました。

ドバイ1,2泊目は高級レストランでの3食と砂漠でのアクティビティが宿泊費に含まれる、アルマハ ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ ドバイにポイントで無料宿泊しました。

即ゴールドエリートになるSPGアメックスについてはこちら。

ポイント無料宿泊や最安値の客室の予約でも、2名分の朝食とエグゼクティブクラブラウンジのアクセス特典が付き、スイートルームにアップグレードされる可能性がある、プラチナエリートに興味がある方はこちら。

2019年お盆ドバイ・香港旅行記

コメント

  1. Marlin より:

    こんばんは。

    ご主人のお誕生日、たいへんですね(笑)
    でもね、ご主人も奥さんが祝って貰って喜んでいることが嬉しいと思いますよ。
    ご主人には機上で乾杯とささやかなプレゼントで気持ちは伝わりますよ、きっと。

    来年もBONVOYプラチナ継続目指すのすごいなぁ、月平均4泊!
    私は浮気性なので、いろいろなホテル行ってしまうのでどこも中途半端になっちゃて。
    仕事柄国内が圧倒的に多いので、ホテルも選べないことが多いです。
    おまけに国内線だとマイルやFOP、PPもなかなか増えないという情けない現状。

    このような素敵なホテルや飛行機の話を読んでいて楽しいです。
    記事アップたいへんでしょうけど頑張ってくださいね、応援してます。

    • Marlinさま

      温かいコメントありがとうございます、励みになります!

      主人も出張が多いのですが国内なので、やはり宿泊費に上限があってマリオット系列には泊まれないって言ってますね。
      若い頃にめちゃめちゃ出張があったらしく、早々にJGC会員になってくれていたので、私は修行もせず恩恵を受けていて、有難いです。

      そうなんですよね、本当は他の系列のホテルにも泊まってみたいんですが、特典のあるマリオットをやっぱり選んじゃってます。
      今度ヒルトンの無料宿泊でハワイに行くので、ステータスマッチはする予定ですが、浮気しないようにしなきゃと思ってます(笑)。

  2. Marlin より:

    こんにちは。

    今回も楽しく、というかRitzドュバイのスイートルームに開いた口が塞がりません。
    アルマハも凄いけどエミレーツスイートもとんでもないですね。
    とても素敵なお誕生日の前祝いでしたね。

    そしてやはりBONVOYはプラチナ以上のステータスで本来の良さが楽しめるのですね。

    でも年間50泊以上は!?
    頑張ってポイント集めに精進します(笑)

    また面白いお話しを楽しみにお待ちしていま~す。

    • Marlinさま

      こんにちは。
      コメントありがとうございます!

      ドバイのリッツカールトン、本当に素敵過ぎて夢のような滞在でした♡
      私ばかり素敵なお祝いをしていただき、旦那さんの誕生日どうしよう!と思っています(笑)。

      マリオットボンヴォイはプラチナだと手厚いですよねぇ。
      海外ですとゴールドでも待遇が良いホテルもあるようですが。

      私も来期はプラチナをキープする為に、50泊はしようと思ってます。
      すっかり思う壺会員ですが(笑)、ホテルステイが好きなので楽しんでいます。

この記事を書いた人
マイルトラベリング

海外旅行、ホテルステイ、ホテルブッフェが好きな夫婦が、ラグジュアリーな体験をお得に楽しむ方法や、ポイ活の感覚で気軽にできる投資情報をシェアしています。
ブログ運営は夫が、執筆は妻が担当。
妻は元アパレルのプレス、現普通の主婦です。
ウェスティンホテル東京での結婚式をきっかけにSPGアメックス・ホルダーに。

マイルトラベリングをフォローする

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ