マリオットポイントのマイル交換のコツ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

マリオットボンヴォイ マリオットアメックス

マリオットポイントはマイル交換が正解?ファーストクラス予約のコツ

読者限定記事閲覧お申し込みはこちら >

マリオットポイントから移行したマイルでGWにカタール航空のファーストクラスとQスイートと称する世界一と評判の高いビジネスクラス、お盆休みにシンガポール航空のスイートクラスとファーストクラスを、夫婦2人分予約出来ました:)

マリオットボンヴォイにはリッツカールトンやロイヤルハワイアンホテル、3食+ラクダライドなどのアクティビティ無料(インクルーシブ)のアルマハドバイなど魅力的なホテルがたくさん参加していて、ポイントがあれば無料で泊まれてしまいます。

はたまたマイル交換では本記事執筆時点で40の航空会社と提携しており、内JAL・ANAを含む34社にはレート1.25%、ユナイテッド航空にはレート1.5%で移行出来てしいます。

この利便性の高いポイントシステムは、間違いなくそうそうない。

ではマリオットのポイントはどう使うが正解なのか、改めて整理してみます。

最後に私のファーストクラス特典航空券の探し方も綴っています。

マリオットのポイント宿泊のデメリット

リッツカールトン日光
リッツカールトン日光

人気ホテルグループ「マリオットボンヴォイ」の魅力の一つに、貯まったポイントでともすると1泊10万円以上するような、素敵すぎるラグジュアリーホテルにも無料で泊まれることですよね。

これは間違いなく、非常に大きなメリットです。

あえてのデメリットで至極当然ですが、ポイントで泊まってしまうとポイントが貯まりにくいです。

マリオットのポイントシステムが優れているのは利便性が非常に高いのは勿論、参加ホテルに有償宿泊するとかなり貯まります。

対象となるお支払いに対するベースポイントに加えて、会員ランクによる最高75%のボーナスポイント。

更に定期的に開催されるマリオットのボーナスポイントキャンペーンや、対象者を絞ってオファーされるターゲットプロモーションは、余程の例外を除き有償宿泊のみが対象です。

加えてマリオットアメックスでお支払いすれば、2倍の決済ポイントが付与されます。

ホテルによっては物凄いポイント数が付いた宿泊プランを販売することも。

1000ポイント付き位のプランはたくさんあります。

2月にロイヤルハワイアンホテルに4泊した際は、ボーナスキャンペーン期間中で、さらに1滞在14,000ポイント付きプランを選らび、カード決済と合わせて65,000ポイント強獲得出来ました:)

ですがポイント泊をすると、ゴールド会員はウェルカム特典で選べば500または250ポイント、プラチナ会員以上は1000または500ポイント、1滞在でこれしか貯まりません。

ボンヴォイ参加のレストランやスパを利用すれば、その分のポイントは獲得出来ますが、もし期間中でもキャンペーンポイントは対象外となります。

ポイントは宿泊とマイルどちらに使うべきか

ではマイルに使うのが正解かと言えば、けしてそうではないと思います。

とってもシンプル且つ当たり前ですが、ご自身または一緒に旅行するご家族やパートナーなどによりますよね。

ですが意外とこれを忘れがちで、自身にフィットしないSNSなどの情報に惑わさせる事も多いのではないでしょうか?

自分自身の価値観も年齢や環境により変化しますし。

例えば私は学生時代から海外旅行にハマってまして、当時の目的はショッピングや美術館巡りで、泊まるところや移動にコストをかけるなんて価値観は全くありませんでした。

独身時代に最後に務めていた会社は大きなヨーロッパのライセンスブランドを保有していた為、毎月かなりの人数が出張していました。

多くの方は自ずと貯まるマイルでビジネスクラスにアップグレードしていましたが、私はエコで十分。

貯まったマイルでしょっ中ソウルに行き、日帰りで(特典航空券ならば可能)ショッピングしてました。

この価値観のままマリオットポイントに出会っていれば、1番少ないポイント数のホテルに宿泊し、マイルでエコノミーで移動していたと思います。

極端な例ですが、当時の私だったらリッツカールトンやファーストクラスにたくさんのポイントやマイルを使うなんてバカらしかったでしょう。

結婚して価値観がガラリと変わりました:)

なので、今の自分やその旅行の目的にフィットした旅行の仕方を見極めるのが満足度を高める秘訣だと確信しています。

スポンサーリンク

よっぽどお金を使いたくない限りは勿体無いポイント宿泊は避けて

以前の私がそうだったんですが、マリオットポイントの利点がポイント宿泊だけだと思い込んで、どんなにお安いホテルでもポイント宿泊してた時期があります。

飛行機に乗らないや、湯水のようなポイント数を持ってる方なら良いのかとは思いますが。

海外や沖縄などにも行く方にとっては、1、2万円で泊まれるのにポイントは35000p必要なホテルだったら、ポイント宿泊はとても勿体無いと私は思います。

程よいラグジュアリーさを求める方にはポイント宿泊がおすすめ

マイルはポイ活でもどんどん貯められますよね。

ですので飛行機はポイ活で貯めたマイルで予約し、ホテルはマリオットのポイント宿泊で素敵なホテルに泊まる。

回数は限られると思いますが、これが王道の誰でも実現可能なお得且つラグジュアリーな旅行体験だと思います。

コロナ前に我が家もJALマイルでエミレーツのファーストクラスに乗り(現在Fは不可に)、ポイントでアルマハホテルやリッツカールトンドバイに泊まれました:)

エミレーツA380ファーストクラス
エミレーツA380ファーストクラス
リッツカールトンドバイ
リッツカールトンドバイ

ホテルにコストをかけても良い人はマイルでラグジュアリーフライトが常に狙える

上述通りマリオットは有償宿泊だとポイントがかなり貯まりますよね。

特にアンバサダーエリートを経験した多くの方は、実感があるかと思います。

我が家もコロナ禍では大好きな海外旅行が出来ず、気軽にレストランでお酒を飲む事も躊躇われ、趣味に使っていたお金を国内ホテルステイに使った結果、アンバサダーを3回達成してしまいました。

ご存知のようにお金を使わないとアンバサダーにならないので、必然的にマリオットポイントは貯まっていくばかり。

マリオットポイントはマリオットアメックス紹介でも獲得出来ますが、おそらく全く紹介していないアンバサダーエリートの方が多くのポイントを保有しているのではないでしょうか。

我が家は今年からはアンバサダーを更新するつもりは今のところないのですが、ボンヴォイ参加ホテルの宿泊は有償を選ぶ機会が増えるかもしれません。

マイルでファーストクラスに乗りたいからです。

カタール航空A380ファーストクラス
JALマイルの提携社特典航空券で乗ったカタール航空A380ファーストクラス

スポンサーリンク

マリオットポイントはマイル交換でも威力が凄い!

交換レートが高いのは基本の基ですが、高レートでマイル交換出来る方法は他にもあるとは思います。

ですが約40社のマイルに高レートで交換出来るポイントシステムって、そうそうないですよね。

 

マリオットボンヴォイ提携航空会社
マイレージプログラム
ポイント : マイル
JALマイレージバンク 3:1
ANAマイレージクラブ 3:1
エーゲ航空 マイルズ+ボーナス
3:1
エアリンガス エアクラブ 3:1
アエロメヒコ クラブプレミア 3:1
エアカナダ アエロプラン 3:1
中国国際航空フェニックスマイル 3:1
エールフランス/KLM プライングブルー 3:1
ニュージーランド航空 エアポインツ 200:1
アラスカ航空 マイレージプラン 3:1
アメリカン航空 アドバンテージ 3:1
アシアナ航空 アシアナクラブ 3:1
アビアンカ航空 ライフマイル 3:1
ブリティッシュエアウェイズ エグゼクティブクラブ 3:1
キャセイパシフィック航空 アジアマイル 3:1
中国南方航空スカイパールクラブ 3:1
コパ航空 コネクトマイルズ 3:1
デルタ航空 スカイマイル 3:1
エミレーツ航空 スカイワーズ 3:1
エティハド航空 エティハドゲスト 3:1
フロンティア航空 アーリーリターンズ 3:1
海南航空 フォーチュンウイングクラブ 3:1
ハワイアン航空 ハワイアンマイルズ 3:1
イベリア航空 イベリアプラス 3:1
インターマイル(ジェットエアウェイズ) 3:1
大韓航空 スカイパス 3:1
ラタム航空 ラタムパス 3:1
Multiplus Fidelidade LATAM Pass 3:1
カンタス航空 フリークエントフライヤー 3:1
カタール航空 プリビレッジクラブ 3:1
サウディア航空 アル・フルサン 3:1
シンガポール航空 クリスフライヤー 3:1
サウスウエスト航空 ラピッドリワーズ 3:1
TAPポルトガル航空 マイルズ&ゴー 3:1
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス 3:1
ターキッシュエアラインズ マイルズ&スマイルズ 3:1
ユナイテッド航空 マイレージプラス 3:1
ヴァージンアトランティック フライングクラブ 3:1
ヴァージンオーストラリア ベロシティフリークエントフライヤー 3:1
ブエリング航空 ブエリングクラブ 3:1

これがファーストクラスの特典航空券が獲得しやすい理由です。

マリオットポイントのマイル交換についてはこちらに詳しくまとめています。

オススメ
マリオットアメックス マイル交換
マリオットアメックスのマリオットポイントをマイルに交換する方法・移行日数・上限・キャンペーン

続きを見る

どの航空会社のマイルに交換するか

個人的に確信しているのは、日本人にとって使いやすいのはやはりJALかANA、この2択だと思っています。

私は元々JALマイラーなのでJALがより使いやすいですが、よく乗る、または好きな方をベースにすれば良いかと。

もちろん管理出来る方は両方をベースにしても良いですよね。

マイルを利用し始めた方だと意外と知らないのが、どのマイルも自社だけでなく、提携航空会社の特典航空券も予約出来ます。

JALの提携航空会社はここ、ANAの提携航空会社はここをチェックして下さい。

提携航空会社まで視野を広げると、繁忙期でも特にエコノミーなら特典航空券が見つかるチャンスは確実に広がりますよ。

気をつけたい!交換レートが下がる航空会社

マリオットポイントは60,000ポイントをまとめてマイルに交換すると20,000マイルに加え5,000マイルのボーナスポイントがもらえますが、本記事執筆時点で下記4社はボーナスマイル対象外でレートが下がります。

マリオットポイントのマイル交換ボーナス対象外の航空会社
アメリカン航空
アビアンカ航空
デルタスカイマイル
大韓航空スカイパス

例えばアメリカン航空はワンワールドに加盟しているので、JALマイルと同様の提携社特典航空券の使い方ができ、必要マイル数が少ない事が多く、一瞬お得に見えるのですが。

交換レートが下がる為、結局マリオットポイントの必要数がJALとほぼ変わりません。

私なら日本人にとって使い勝手が良く、他にも簡単に貯める方法があるJALマイルを選びます。

スポンサーリンク

エキスパートの情報はエッセンスとして受けとめる

マイルの世界はとても奥が深いですよね。その分かなりの深堀が出来てしまう。

マリオットでお得なポイント宿泊をするのとは、難易度が異次元で違うと思っています。

当たり前ですが、閑散期に1人分が最も自由度が高い特典航空券の探し方が出来るわけです。

逆を言えば国民の祝日しかも連休である超繁忙期に、家族連れで特典航空券を取るのは大変ですよねぇ。

皆さんのため息が聞こえてした気がしました。

びっくりするようなお得な特典航空券の取り方の情報は、より前者に近いものが多い気がします。

それを実現出来る環境の方はぜひどんどん体験してみてください。羨ましい限りです。

我が家も旦那さまがリタイアした後には、世界一周などもしてみたいな:)

ですが現在主人は一般企業の会社員で、有給は割と取りやすい会社なんですが、今はテレワークが完全終了しコロナ前より忙しい。

よくお得な一例として脚光を浴びる、ストップオーバーのアクロバティックな旅程の予約方法は、今の我が家には中々当てはめられない。

後ろの予約が消化できず、航空会社のブラックリスト入りする未来が見えます。

有難い知識として、使える環境になった時に生きている予約方法だったら試してみようと思います。

ご自身の環境や一緒に旅行する人数により、どの予約方法が最適かはかなり変わると思っています。

カレンダー通りがお休みのファミリー層ならば、非常にお得なマイル旅の情報よりも、王道な方法が現実的かもしれないですよね。

マニアックな予約方法よりも、メインで貯めているマイルで出来る事を深掘りする方が有意義なことも。

我が家のファーストクラス特典航空券の探し方

お恥ずかしいですが、あくまで参考までに。

我が家は基本カレンダー通りの主人と主婦の私、夫婦旅行がメインです。

特典航空券を探すのは主に私で、知識はにわか、難しい話は面倒くさいタイプ、裏技も何も知りません。

ですが地道さには多少自信があり、気合で予約出来てる感じです:)

で、今は主人が旅行出来る機会がぐっと減ってしまった為、せっかくのお休みを海外で過ごすならば、出来る限り1便はファーストクラスを予約したい。

あとの便は良い席が嬉しいですが、お休み内に帰ってこれればそれで良い。

旅行先を決めるには2つあって、行きたい街か、乗りたい飛行機が飛んでいるところ、そのどちらかです。

乗りたい飛行機を探すのはもっぱらGoogle検索で、とても詳しい方のブログもよくヒットしますし、ニュースサイトで目にする事も。

興味ある便が出てきたら、マイルで予約出来るのか、どのマイルがお得なのかなど、検索で深掘りしていきます。

マイルは改悪が付きもので数年前の情報は塞がれてる事が多く、やはり英語圏の方が生きた情報が取れやすいため、深堀は出来れば英語でも検索し、その後ページごとマルっと翻訳機能を使えば、どなたでも読めるようになります。

ある程度の情報が掴めたら、後は取りたい旅程でイケそうか、航空会社の公式サイトで検索してみます。

ログインしないと特典航空券を検索出来ない航空会社も多く、その場合はアカウントを作ります。無料ですし。

で、実際に検索してみます。我が家だったらGWやお盆休み、年末年始などで2人分取れるのか。

無事条件に当てはまる特典航空券が見つかり、その必要マイル数と費用が納得いくものなら、マリオットポイントから移行します。

で、更に我が家的重要ポイントが1つ。

旅の目的が乗りたい飛行機ならば、勿論往復がベストですが、往路か復路のどちらかが取れれば予約しちゃいます。

取れなかった方は別の航空会社で探せば良いし、なんならLCCもあるし、どうしてもダメなら日程をずらすかキャンセルすれば良いのですから。

この方法で我が家はゴールデンウィークにカタール航空のA380ファーストクラスと、世界最高峰のビジネスクラスと評されるQスイートに夫婦で搭乗出来ました。

お盆休みにはシンガポール航空が予約出来ています。

ファーストクラスじゃなくて、フーストと誤字してるのが抜けてる私らしい:)

番外編としては楽天ポイントから交換したANAマイルでフライングホヌのファーストクラスに乗ってきました。

あまり楽天ポイントでファーストクラスに乗ってる方って見たことがないんですが、楽天経済圏のヘビーユーザーなら意外といけると思います。

常識に囚われず、自身の生活スタイルにフィットしたマイルの貯め方が1番だと思っています:)

スポンサーリンク

おわりに

今は誰でも発信出来る情報社会なので、マイルの情報も凄いですよね。

お得を全部取り入れようとするでなく、まずはご自身に適している旅行スタイルを意識するようにしてみて下さい。

飛び交う驚くようなお得技はエッセンスとして受け止め、どの方法が向いているのか見極めるのが大切かなと思います。

やっぱり日本企業が安心なら、JALマイルやANAマイルだけでも、提携社特典航空券も考慮するだけでとっても選択肢が広がりますよ。

また海外旅行が身近になった今、ご自身やご家族が楽しめる、その方その方に合った旅行スタイルやマリオットポイントの使い方を実践してみて下さい。

みなさんが素敵な休暇を過ごされますように:)

マイルで予約したファーストクラス、ビジネスクラス搭乗記

シンガポール航空スイートクラス

シンガポール航空ファーストクラス

カタール航空A380ファーストクラス

カタール航空Qスイート世界最高峰のビジネスクラス

ANAハワイA380フライングホヌ ファーストクラス

マレーシア航空ビジネスクラス王様席

マイルを貯めるなら断然マリオットアメックスプレミアムがおすすめ

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム
  • 本来25泊必要なマリオットボンヴォイのゴールドエリート資格を無条件で付与
  • お部屋のアップグレード、14時までのレイトチェックアウト特典
  • 決済で貯まるマリオットボンヴォイポイントでリッツカールトンなどラグジュアリーホテルに無料宿泊が叶う
  • ポイントはJALやANA含む40社と提携、一部マイル除き100円=1.25マイルとクレカ界トップレベルの交換レート
  • マリオットボンヴォイ参加ホテルでの支払いはポイント2倍
  • 入会ボーナスポイントでホテルにタダで泊まれる
  • 2年目から150万決済で無料宿泊特典プレゼント
  • 本来50泊必要なマリオットボンヴォイのプラチナエリート資格を年間400万円の決済で1年間付与、朝食とラウンジアクセスが無料に
  • 家族カード1枚無料、アメックスが多発するキャッシュバックキャンペーンが2倍楽しめてお得

マリオットアメックスプレミアムの詳しい特典や公式サイトよりお得な入会方法は、読者限定記事にて綴っています。

読者限定記事の閲覧をご希望の方は、下記バナーからお申し込み下さい。

読者限定記事閲覧お申し込みはこちら

-マリオットボンヴォイ, マリオットアメックス