39,000PもらえるSPGアメックス紹介キャンペーンこちら

【つみたてNISA】買うべき銘柄は?楽天証券で運用9カ月目の成績を公開!【まだまだポイントざくざく】

つみたてNISAのおすすめの銘柄投資

購入予定の銘柄を追記しました

現在楽天証券で、つみたてNISAで資金運用を行っている方は、毎日100円投資×15本でポイントをもらう設定をしているケースも多いかと思います。

残念ながら2019年6月26日に楽天銀行の規約変更が実施されることになり、上記設定では“ポイントざくざく”ができなくなりました。

リリースはこちら

本記事では6月26日以降もつみたてNISAでポイントざくざくする方法楽天証券で運用9月目の成績公開成績の良い銘柄をまとめます。

スポンサーリンク

2019年6月26日以降もつみたてNISAでポイントざくざくする方法

楽天証券の投信積立は楽天カードでポイントざくざく

楽天証券で毎日100円投資×15本でつみたてNISAを運用してきた場合、月約900Pの楽天スーパーポイントを獲得することができました。

6月26日からは3回までがポイント付与対象、すなわち100円投資×3本で9Pまでしかポイントが獲得できなくなります。

ですがつみたてNISAは楽天証券で運用するのが、依然として大きなメリットがあるんです♡

楽天証券では投信積立を楽天カード(クレジットカード)で購入することができ、通常のカード利用同様100円=1Pの楽天スーパーポイントが付与されます。

楽ラップ、iDeCo、未成年口座、ジュニアNISA口座、法人口座は対象外

即ちつみたてNISAは単純計算で月33,333円まで購入できるので、楽天カード決済で月333P獲得できることになります。

もちろん楽天銀行の自動入金(スイープ)を用いた100円投資でも、月3回まではポイント付与の対象です。

組み合わせて100円投資×3件で9P、残り33,033円を楽天カード決済で330Pで合計339P獲得するのも良いと思います。

我が家は楽天証券でもIPOをしたいので、スイープが使えない時期も出る為、今後つみたてNISAは現在保有している多くの銘柄から成績の良い物を選び、楽天カードで購入しようと考えています。

さらに楽天証券で投資信託を保有していると、残高に応じた投資信託ポイントを獲得できます。楽天銀行のハッピープログラムにエントリーするとポイントが2倍に増量し、投資信託の残高10万円ごとに月4P付与されます。
スポンサーリンク

つみたてNISAの運用実績公開

我が家は夫婦で2018年10月から、楽天証券でつみたてNISAを始めました。

初年度はつみたてNISAの限度額40万円まで増額して購入し、今年は100円投資と楽天カード決済を組み合わせて購入しています。

旦那さんは株運用の経験もあり、投資で得た知識を基に銘柄を選んでいます。

私はつみたてNISAが初めての投資経験の全くの素人で、ネット検索で得た知識で銘柄を選びました。

これまで2度ほど銘柄を見直しています。

つみたてNISAの運用額はまだ58万円弱ですが、なんと旦那さんの方が16,000円強も成績が良いです。

短期間でもこれだけ差が付くので、当たり前ですが銘柄選びは重要ですね。

旦那んさんのつみたてNISA運用成績

つみたてNISA成績

色んな銘柄を保有してる割には、プラス21,435円というまあまあな成績です。

保有銘柄

つみたてNISA成績
つみたてNISA成績

旦那さんのモットーはアメリカの銘柄多め、日本の銘柄少なめです。

当初は信託報酬(管理費用)を気にせず選んでいた為、0.3%を超える銘柄は積立設定を解除し、信託報酬の安い銘柄を新たに追加しています。

スポンサーリンク

私のつみたてNISA運用成績

つみたてNISA成績

損は出てませんが、旦那さんとは結構差が開いています。

保有銘柄

つみたてNISA成績
つみたてNISA成績

ある程度知識が付いてくると、つみたてNISAとして見ると当初はダメダメな銘柄を多く購入しており、積み立てる銘柄を結構入れ替えています。

旦那さんが私の保有銘柄を見ると、『日本のものを買い過ぎだ』とよく言っていました。

スポンサーリンク

つみたてNISAの成績の良い銘柄

つみたてNISAは購入日から20年間が非課税となります。信託報酬の高い銘柄や成績が悪い銘柄は現状では買い足しはやめ解約はしていません。あまりに成績が悪い銘柄のみ、利益が出た時点で解約するかもしれませんが、基本的に解約に関しては長期で判断しようと考えています。

銘柄の基本的な選び方

成績の前に、つみたてNISAを選ぶ際、気にしていただきたいポイントが2点あります。

つみたてNISAは非課税期間が20年と、長期投資であること考慮すると、下記条件に当てはまる銘柄は不向きと考えます。

  • 信託報酬(管理費用)が0.3%以上
  • 値動きが激しいアクティブファンド

詳しくはこちらにまとめました。

我が家ではつみたてNISAを始めた当初はこの概念がなく、当てはまる銘柄も購入していました。

成績の良し悪しに関わらず、下記銘柄は信託報酬が顕著に高いため、現在は追加購入していません。

  • ひふみプラス 信託報酬 1.0584%
  • コモンズ30ファンド 信託報酬 1.0584%
  • SMT グローバル株式インデックス・オープン 信託報酬 0.54%

※ひふみプラスは投信として人気が高い銘柄です。つみたてNISAの20年のような長期の積立でなければ、信託報酬が高くても良いのかもしれません。

スポンサーリンク

成績の良い銘柄

今後楽天カードで購入する銘柄を絞っていくうえで、旦那さんと保有銘柄を検討し、まずは下記を条件としました。

  • プラス幅が大きい時期が比較的多い
  • 信託報酬が0.3%以下
  • インデックスファンド

加えて楽天証券の「投信基準価額メール」に記載された、リターン率も考慮しました。

総合的に考え、まずは下記3つの銘柄に絞る予定です。

銘柄信託報酬リターン(年率)
iFree S&P500インデックス
(大和証券投資信託委託)
信託報酬 0.243%6.27%
楽天・全米株式インデックス・ファンド
(楽天投信投資顧問)
信託報酬 0.1696%5.15%
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
(三菱UFJ国際投信)
信託報酬 0.162%

旦那さんは長期的に見て、やはりアメリカ株が強いと実感しています。

両銘柄共に米株に投資しており、比較的似たタイプと言えます。

つみたてNISAとしては楽天・全米株式インデックス・ファンドが特に人気があるようで、信託報酬も安いですし、iFree S&P500インデックスより比較的値動きが緩やかです。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は比較的新しい銘柄ですが人気があります。S&P500で最も信託報酬が安く、iFree S&P500インデックスより値動きが緩やかです。

iFree S&P500インデックスはeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に人気を奪われつつありますが、米株が調子が良い時は利益率が高く、信託報酬も許容範囲と考えました。

2019年6月26日からは、我が家はまずはこの3本に絞り、様子を見ようと考えています。

※当初より米株の銘柄が多い旦那さんのつみたてNISAは、株価が下がった2018年度末のマイナス幅は大きかったです。必ずいつも成績が良いわけではありません。

スポンサーリンク

おわりに

あくまでも我が家の実績から基づいた指数ですが、参考の1つになれば幸いです。

つみたてNISAは政府が作った安定した投資システムですが、もちろん投資なので損が出るリスクはあります。

楽天証券なら銘柄の成績に関係なく、楽天カードでつみたてNISAを購入するだけでポイントが獲得できます。

例え損が出たとしても、ポイントでカバーされる額があるのは安心です♡

残念ながら月900Pとはいかなくなりましたが、それでもつみたてNISA購入でも100円=1P付与されるのは、大きなメリットですね!

コメント

  1. chuchu より:

    マイルトラベリング様

    たいへん丁寧なフォローをありがとうございました。
    一旦、全部を解除してから、継続したい銘柄を再度設定し直せばよかったのですね。
    私も継続しない銘柄もすぐには解約はしないで、とりあえず保有しておこうと思います。
    基本的に日本株関連は、この際にやめるつもりですが、ひふみプラスだけはこれまでのように、毎日100円投資でもいいかなと思っています^_^;

  2. chuchu より:

    こんにちは
    予想されていたこととはいえ、100円投資でポイントざくざくができなくなり、
    がっかりですね。
    こちらの記事を参考に、私も15銘柄から3つほどに絞り、楽天カード決済に乗り換えるつもりです。
    ただ、これから引き落とし方法を変更して月払いにすると、7月分の買い付けが出来ないと思うのですが、それで合っていますでしょうか?
    また、現在積み立てている銘柄の引き落とし方法を、証券口座から楽天カード決済へ変更する方法がよく分かりません。教えていただけたら幸いです。

    • chuchuさま

      ブログを読んできただきありがとうございます♡
      またコメントいただきありがとうございます。

      100円投資の件、残念ですよねぇ。
      システムの隙をついた裏技的な手法だったと思うので、仕方ないとなは思っています。
      楽天グループとしては、おそらく楽天カードによるポイント付与が正規のサービスと考えていらっしゃるでしょうし、十分他証券会社よりお得ですよね♡

      はい、おっしゃる通りこのタイミングでの設定変更ですと、7月には間に合わず8月から適用されます。
      今年分の増額の設定も併せてするのが良いかと思います。

      下記URLにて設定方法を纏めました。

      https://www.miletraveling.tokyo/entry/tsumitate-nisa-rakuten-sec-card/

      ぜひ一読いただけると幸いです。

この記事を書いた人
マイルトラベリング

海外旅行、ホテルステイ、ホテルブッフェが好きな夫婦が、ラグジュアリーな体験をお得に楽しむ方法や、ポイ活の感覚で気軽にできる投資情報をシェアしています。
ブログ運営は夫が、執筆は妻が担当。
妻は元アパレルのプレス、現普通の主婦です。
ウェスティンホテル東京での結婚式をきっかけにSPGアメックス・ホルダーに。

マイルトラベリングをフォローする

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

タイトルとURLをコピーしました