セントレジスホテル大阪

マリオットボンヴォイ 宿泊記

【セントレジスホテル大阪 宿泊記】スイートルームとバトラーサービスをブログレポート

GoToトラベルを使って、憧れのセントレジス大阪に夫婦で宿泊してきました。

20%割引のバウチャーも購入し、いつもより大分お得に宿泊出来るので、予約は最安値のスイートルームにしたんです。

なんとホテルで2番目の客室『松スイート』にアップグレードしていただけました!

まるで映画に出てくるニューヨークのラグジュアリーホテルにいるような、それはそれは素敵な空間でした♡

宿泊時はチタンエリートだったんですが、GoTo期間は普段よりダイナミックなアップグレードをしていだける機会が多い気がします。

本記事では セントレジスホテル大阪へのアクセス宿泊したスイートルームバトラーサービスマリオットボンヴォイの会員特典宿泊者が無料で利用出来るフィットネスジム、セントレジス大阪に無料で泊まる方法をレポートします。

セントレジスホテル大阪とは

ホテル名セントレジスホテル大阪
マリオットのホテルカテゴリー7
1泊に必要なポイント数オフピーク:50,000P
スタンダード:60,000P
ピーク:70,000P
チェックイン時間15:00から
チェックアウト時間12:00まで
エグゼクティブクラブラウンジ×
プール×
住所大阪市中央区本町3丁目6番12号
最寄り駅地下鉄御堂筋線「本町」駅

2010年10月1日開業。

『セントレジス』はマリオット・インターナショナルの最高級ブランドの1つで、 1904年に上流階級のためのホテルとして創業された『セントレジス ニューヨーク』から始まっています。

余談ですが創業者のジョン・ジェイコブ・アスター四世は、タイタニック号沈没の犠牲者なんだそう。

セントレジスは香港に行ったことがあり、とても好きなホテルの1つです。

セントレジス香港宿泊記
【セントレジス香港 宿泊記】バトラーサービスが凄い!ポイント宿泊でもスイートルームにアップグレード♡記念日のおもてなしに感動

続きを見る

日本ではここ大阪一軒のみとなり、『大阪のシャンゼリゼ』と呼ばれる御堂筋沿いの中央に位置します。

複合ビル『本町ガーデンシティ』の 1、2階と11階から27階がホテルとなります。

セントレジスといえば24時間バトラー(執事)サービスですが、全室で提供されています。

天井が非常に高くて、これぞラグジュアリーホテル。

セントレジスホテル大阪の場所と行き方

地下鉄御堂筋線「本町」駅直結、 7番出口すぐ

セントレジス大阪の行き方

地下鉄の駅を出ると、すぐに本町ガーデンシティとセントレジスのサイネージが見えます。

セントレジス大阪の行き方

道なりにエスカレーターがあり、迷うことなく本町ガーデンシティに行けました。

エスカレーターを降りて右側に進むとホテルエントランスがあります。

ワクワクするクリスマスの演出で、さすがセントレジスです。この世界観が私は大好きなんですよね。

セントレジスホテル大阪にチェックイン:松スイートにアップグレード

チェックインは12Fに位置するレセプションでとなります。

ロビーでウェルカムドリンクをサーブいただきました。

ホットのアップルジンジャーで、とても美味しかった。

アプリで事前にマツスイートにアップグレードされている事は気付いたのですが、実際にアサインいただけ、とても嬉しかったです♡

セントレジス大阪はそもそも客室は全て高層階に位置し、狭い部屋がないので、アップグレードがなくてもラグジュアリーなホテルステイを楽しめると思います。

スポンサーリンク

セントレジスホテル大阪の客室: 松スイートは特別で優美な空間

ホテル最上階の27階はスイートルームだけの特別なフロアです。

アップグレードいただいた2782号室の松スイートは、最上位である2787号室のローヤルプレジデンシャルスイートに続く2番目の客室です。

142平米の贅沢な広さの松をイメージした優美な空間で、リビング、ダイニング、ベッドルーム、ドレッシングルーム、バスルーム、そして本格的なキッチンまで有しているんです!

エントランスにはクローゼットとおトイレを完備

松スイートに入ると右が大きなリビングルーム、正面にはドアがあります。

ドアを開けると右が1つ目のクローゼット、正面が1つ目のおトイレです。

コートなどアウターを掛けるにぴったり。

おトイレが2つあるのはプライバシーも保てて良いですよね。

エントランスからリビングを見るとこんな感じ。左にどんどんお部屋が続いていて、ダイニンングとキッチン、奥にベッドルームとドレッシングルーム、さらに奥がバスルームになっています。

リビングがTHE NYで素敵すぎた!

セントレジス大阪は天井が高いこともあり、どの部屋でも非日常感に溢れていると思うのですが、松スイートは本気で凄かったです♡

洋と和が調和されたリュクスな空間は、映画に出てくるホテルのようにインテリアもとても素敵で。

非常に広々としたリビングルームです。

デスクもゆったり、仕事が捗るチェアーが用意されています。旦那さんがテレワークしてました。

ステーショナリーがセットされたオーガナイザーも用意されていました。

USBコンセントもあり、使いやすいデスクです。

デスクから見たリビングルーム。

大きな窓が至る所にある客室です。

丁度御堂筋のイルミネーションの季節で、ハッとする程の美しさ。

夜景もとてもロマンティックでした。

御堂筋のイルミネーションは12/31まで楽しめるそうです。

大きなソファセットのテーブルにはなにやらボックスが。

ドリンクはバトラーサービスで頂きました。バトラーに関しては後述しますね。

ボックスを開けると素敵なウェルカムスイーツが♡

マカロン、フィナンシェ、パートドフリュイ、モギーフ、ブールドネージュ、チョコレートでした。

どれも本当に美味しかったのですが、ハーブのホワイトチョコレートが物凄く美味しかったです。

ホワイトの棚は開くとTVが収納されており、生活感のない空間が演出されています。

スポンサーリンク

 

ミニバーがお洒落

ゴールドの観音開きの棚はなんと。

明けるとミニバーなんですよ!

モダンなジャポニズムな演出で、素敵ですね。

ティーバッグとネスプレッソのコーヒーは無料、それ以外は有料です。

素敵な茶器と、伊藤久右衛門の煎茶

京都・宇治のお茶屋が本気で「美味しいティーバッグ」作った煎茶で、まろやかで贅沢なお味でした。

紅茶はドイツの高級メーカー、ロンネフェルト

嬉しいことにマリオットボンヴォイのプラチナエリート以上で、1泊3,000円まで無料でミニバーを利用出来ます。

ブリックリンラガー 950円(税サ込)
ヘネシーVS 500ml 1,900円(税サ込)

セントレジスホテル大阪では、コロナ禍で海外旅行が難しい時期にゲストがニューヨークの気分を味わる様、レストランなどのにスペシャルメニューを用意しているそう。

ミニバーには『ニューヨークの思い出』としてブリックリンラガー、ディーンアンドデルーカのミントキャンディが加わっていました。

ダイニングにうっとり

8人掛けの大きなダイニングテーブルセットが用意されています。

ライトの雰囲気だったり、インテリアも素敵すぎてうっとり♡

夜もまたロマンティックでした。どこからでも見事な夜景が楽しめます。

キッチンまで完備

ダイニングの横に本格的なキッチンもありました。

シンク、食洗器、冷蔵庫、IHコンロまでも揃っています。

長期滞在でも自宅にいるように過ごせます。

ベッドルームがエレガント

天蓋ベッドなんです♡リネンはスレッドカウント300の上質なもので、夢の寝心地です。

ベッドルームにもTVを完備。

セントレジス大阪

ベッドサイドテーブルを開けると、カーテンやライトのスイッチ、コンセントがセットされていました。

後述するバトラーボックスに荷物が届いているかも、分かるようになっていました。

スポンサーリンク

ウォークインクローゼットのドレッシングルーム

大きなドレッサー、右サイドにはチェストとバトラーボックス、左サイドはクローゼットになっています。

アルコール除菌ジェル、マスク、ミネラルウォーターも用意されています。

クローゼットもゆったりで、下の引き出しにシューズが収納出来ます。

セントレジス大阪のバスローブ

バスローブはラグジュアリーホテルやスパ御用達の『MONARCH CYPRESS(モナーク サイプレス)』。

引き出しを開けると、日本らしくて素敵な浴衣が。

セントレジス大阪のスリッパ

スリッパが肌触りが良くて、めちゃめちゃ気持ち良かったです。

バスルームは夢の空間

セントレジス大阪のウェットエリアって本当素敵なんですよね。

洗面シンクは2台、鏡も大きく、美しい空間でうっとり。

タオルなどをオーガナイズ出来るチェストも用意されています。

セントレジス大阪のアメニティ

アメニティは高級スパブランド『REMEDE(ルメードゥ)』のシャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディーローション、ソープが用意されています。

セントレジス大阪のバスルーム

ドライヤーは使うほど髪が美しくなると評判の『レプロナイザー』。

レプロナイザーはあまりによくて、我が家もリッツカールトン東京のスパで最新版を買っちゃいました。

ビューバスになっていて、バスタブでリラックスしながら夜景やTVを楽しめます。

予めバスピローも用意されていて、とてもリラックス出来ました。

シャワーとトイレは独立したブースになっています。

セントレジス大阪はボディシャワーがあるのも嬉しい。

シャワーブースにホテル内にもあるスパSOTHYS(ソティス)のシャンプー、コンディショナー、シャワージェルもあって、私はホテルのアメニティで一番使用感が良かったです。

私は結構ドライヘアだと思うのですが、髪がしっとりまとまって、これは欲しい!と思いました。

バトラーサービスは至れり尽くせり

セントレジスブランド創立以来100年以上に渡って受け継がれている、代名詞とも言えるバトラー(執事)サービス。

バトラーサービスデスク
レストランの予約などコンシェルジュサービス
Eバトラーサービス
サービスをメールでリクエスト可
ビバレッジサービス
到着時と朝にコーヒーや紅茶などドリンクを部屋に運んでもらえる
✔コーヒー
✔紅茶
✔オレンジジュース
✔アップルジュース
荷造りと荷解き
衣装のプレス
1人1日2着まで
シューシャイン(靴磨き)もリクエスト可
セントレジス大阪のバトラーサービス

アイロンプレスやシューシャインを依頼し、中に入れておくと、希望時間に届けていただけます。

対面での受け渡しの必要がなく、コロナ禍ではさらに嬉しいサービスです。

シューシャインをお願いしたところ、新聞と共に届けていただいていました。

滞在中何度か利用させていただき、夜にはクッキーとともに届けていただけました。

スイーツはもしかするとスイートルームだけのサービスかもしれません。

スポンサーリンク

フィットネスジムはシンプルだがマシーンが揃っている

場所14F
営業時間24時間
セントレジス大阪

14Fにはスパとジムがあり、エレベーターを降りると滝のようなアクアウォールの演出が。

セントレジス大阪のジム
画像は公式サイトより

宿泊客は無料で利用でき、基本的にスタッフは無人でルームキーで入室します。

有料ですがレンタルウェアもあるそうです。

利用者が居たので写真は撮りませんでしたが、シンプルなスペースながら窓が大きく、開放感がありました。

トレッドミル、エアロバイク、有酸素運動シンクロマシンやサーキットマシンなどが揃っています。

屋上庭園がロマンティックだった

12Fレセプションフロアには日本庭園もあるんです。

大阪の中心部でありながら、緑に囲まれた非日常の空間を楽しめます。

クリスマスシーズンなので、夜のライトアップがいつもに増して素敵でした。

季節によってはシャンパンガーデンなども開催されていて、人気があるようです。

スポンサーリンク

セントレジスホテル大阪の宿泊記はYouTubeでもVlogを公開中

動画では雰囲気がより伝わるかと思います。ぜひチェックしてみて下さい。

マイルトラベリングの日記のYouTubeチャンネルはこちら

セントレジス大阪のマリオットボンヴォイ会員特典

セントレジスホテル大阪も参加している、世界最大のホテルグループ『マリオットインターナショナル』の会員プログラム『マリオットボンヴォイ』は、充実した会員特典が用意されています

SPGアメックスで得られるゴールド特典

マリオットボンヴォイ公式クレジットカード『SPGアメックス』を保有する限り、本来は25泊で得られるゴールドエリートの資格が、無条件で付与されます。

☑ウェルカムギフト:500マリオットボンヴォイポイント
☑レストラン『ラベデュータ』の朝食 6歳以下無料・7歳以上12歳以下50%オフ
☑客室アップグレード
☑最大14時までのレイトチェックアウト
☑レストラン・バー20%割引(2021年1月31日まで割引率アップ中、通常15%)
☑滞在で獲得するベースポイントに対し25%のボーナスポイント付与

マリオットボンヴォイのポイントは高級ホテルに無料宿泊出来たり、JALやANAを含む約40の航空会社のマイレージに高レートで交換可能で利便性が高く、私も貯めています♡

期間限定75,000ポイントもらえるSPGアメックスご紹介お申込みはこちら

プラチナ特典

本来なら50泊で得られる資格ですが、簡単に上級会員になれる『プラチナチャレンジ』に成功すると、その年+1年プラチナエリートの資格が付与されます。

現在はプラチナチャレンジは休止中、ステータスマッチ受付中です。

☑ウェルカムギフトいずれか1つ :1,000マリオットボンヴォイポイントまたはブラッディマリーチケット
☑レストラン『ラベデュータ』の朝食の大人2名と12歳以下無料
☑スイートルーム含む客室アップグレード
☑最大16時までのレイトチェックアウト
☑レストラン・バー30%割引(2021年1月31日まで割引率アップ中、通常20%)
☑客室内電話の市内通話無料
☑滞在で獲得するベースポイントに対し50%のボーナスポイント付与

私は宿泊時はチタンエリートだったので、ボーナスポイントが75%になります。

セントレジスは基本的にエグゼクティブクラブラウンジがないホテルブランドです。

その代替えのサービスとしてか、大阪はでミニバーが3,000円分無料になります。

セントレジス大阪の特典

ウェルカムギフトはせっかくなのでブラッディマリーチケットにし、『セントレジスバー』で1杯楽しみました♡

レストラン『ラベデュータ』での特典の無料朝食と併せ、次の記事でレポートします。

ディナーはホテル内のフレンチビストロ『ルドール』で頂き、お支払いを部屋付けにしたとことろ、ポイントもばっちり獲得出来ました。

クオリティが高いお料理でコスパも高く、スタッフの方がもとても親切で素敵なレストランでしたので、こちらも次の記事でレポートします。

セントレジス大阪に無料で泊まる方法

マリオットボンヴォイ参加ホテルはポイントで無料宿泊出来ちゃいます♡

必要ポイント数はホテルカテゴリーと称する8段階のランクと、ホテルの空室状況により定められます。

セントレジスホテル大阪のカテゴリー7
1泊あたりの必要ポイント数オフピーク:50,000P
スタンダード:60,000P
ピーク:70,000P

ポイント宿泊でも、マリオットボンヴォイ特典は全て適用されます♡

そしてSPGアメックスは2年目からカードを継続する度に、毎年50,000Pまでのホテルで利用可能な無料宿泊のプレゼントがあり、そうですセントレジス大阪もオフピークなら利用出来てしまうんです!

ラグジュアリーな空間で非日常を味わえる素敵なホテルで、めちゃめちゃおすすめです♡

SPGアメックスは既存会員からの紹介で入会すると、ボーナスポイントが6,000P増え、39,000P獲得出来ます。

紹介プログラムは公になっていない、裏技とも言えるお得な入会方法です。

特典が付与されるのは対象のURLからの入会のみですので、ぜひご利用下さい。

期間限定75,000ポイントもらえるSPGアメックスご紹介お申込みはこちら

スポンサーリンク

おわりに

私はセントレジスホテル大阪の異国情緒溢れるラグジュアリーな空気感、客室のインテアやアメニティ、エグゼクティブ感のあるバトラーサービスと全てがドンピチャで、大好きなセンスのホテルなんですよね。

記念日を過ごすのにもぴったりな特別感と、素晴らしいホスピタリティだと思います♡

ましてこんな素晴らしいスイートルームにアップグレードして頂き、夢心地の滞在でした。

お支払いは42,500円程、地域共通クーポンも12,000円分頂けました。

GoToトラベルだからこそ出来るラグジュアリーな体験だったと思います。

マリオットボンヴォイ参加ホテルの宿泊・利用はSPGアメックスが断然お得

SPGアメックス
  • 本来25泊必要なマリオットボンヴォイのゴールドエリート資格を無条件で付与
  • お部屋のアップグレード、14時までのレイトチェックアウト特典
  • レストラン・バー15%割引
  • 宿泊時同伴の12歳以下の朝食2名無料
  • 決済で貯まるマリオットボンヴォイポイントでリッツカールトンなどラグジュアリーホテルに無料宿泊が叶う
  • ポイントはJALやANAなど約40社に100円=1.25マイルとクレカ界トップレベルの交換レート
  • マリオットボンヴォイ参加ホテルでの支払いはポイント2倍
  • 入会ボーナスポイントでホテルにタダで泊まれる
  • 2年目から毎年無料宿泊特典プレゼント

SPGアメックスは既に保有している会員からの紹介で入会すると、6,000ポイント多く貰えてとてもお得です。

公式サイトの入会特典入会後3ヶ月以内に年会費除く10万円以上のカード利用で30,000Pプレゼント
6/30まで申込限定入会特典入会後3ヶ月以内に年会費除く30万円以上のカード利用でさらに30,000Pプレゼント
紹介プログラムの入会特典カード保有者の紹介からの入会でさらに6,000Pプレゼント
カード利用ポイント9,000P
合計75,000P獲得可能!

期間限定75,000ポイントもらえるSPGアメックスご紹介お申込みはこちら

紹介ポイントは対象のURL以外から入会すると、適用されませんのでご注意下さい。

さらにあたなにもアメックスの営業担当が付く、特別なご紹介も可能です。

SPGアメックス発行後もカードの使い方などが相談出来たりと、メリットいっぱいです。

特別紹介の場合はWEBでなく紙での申込になる為、若干時間がかかることをご了承下さい。

アメックスカード営業担当特別紹介からの入会はこちら

オススメ
SPGアメックス入会キャンペーン
【SPGアメックス 入会キャンペーン】W紹介キャンペーンで85,000ポイント貰える♡一番お得で絶対損なし!【2021年6月最新】

続きを見る

-マリオットボンヴォイ, 宿泊記
-,

© 2021 マイルトラベリングの日記