【改悪】プラチナエリート特典ラウンジアクセスの規約が変更されました【SPGマリオット】

マリオットボンヴォイ

SPGアメックス人気やプラチナチャレンジブームもあり、日本にもSPGマリオットのプラチナエリート会員がたくさんいらっしゃると思います。

そのプラチナエリートの特典の魅力の1つである、クラブ(エグゼクティブ)ラウンジのアクセス保証に関し、規約の変更がありました。

スポンサーリンク

変更部分は同伴者に関して

プラチナエリート会員は、宿泊時クラブ(エグゼクティブ)ラウンジに1名まで無料で同伴できます。

これまでは会員本人が宿泊していれば、同伴できる1名に関しては、宿泊が伴わなくてもOKでしたよね。

今回の規約変更により、同伴できるのはプラチナエリート会員と同室の宿泊者1名となりました。

変更されたのは英語の本国公式サイトのみ

こちらの3 Elite Membership Benefits at Participating Brands内、4.3.c. Platinum Elite Membership Benefits.部分になります。

The Member plus one guest staying in the same room receives access to ~ lounge とあります。

「会員プラス同室に宿泊してるゲスト1名が、ラウンジアクセスの特典を受けることができる」に変更されました。

日本語公式サイトではまだ変更なし

2018年11月16日時点では、日本語サイトにはまだ変更は見られません。

「会員とご同伴のお客様1名様にご利用いただける~ラウンジのアクセス保証」となっており、同室に宿泊してるの件はありません

日本で新ルールが適用されるタイミング

勝手な予想ですが、プラチナチャレンジの新ルールが日本でも統一されるのに時間がかかってたし、多少タイムラグがある気がします。

まとめ

主婦の私にとっては1人でホテルに宿泊する機会がほぼないから、今回の改悪は正直さほど重要じゃなです。

でも例えば出張族は無料ならばラウンジに同僚を呼んだり、食事を取りながらミーティングする人もいるのかもしれないですね。

特にアメリカではきっとビジネスマンのプラチナエリート会員が多そうだし、ホテル側としては結構コストカットになるんでしょうね。

もし日本のホテルで宿泊者以外をラウンジに無料で同伴したいなら、予め可能か確認することをオススメします。

コメント

この記事を書いた人
マイルトラベリング

海外旅行、ホテルステイ、ホテルブッフェが好きな夫婦が、ラグジュアリーな体験をお得に楽しむ方法や、ポイ活の感覚で気軽にできる投資情報をシェアしています。
ブログ運営は夫が、執筆は妻が担当。
妻は元アパレルのプレス、現普通の主婦です。
ウェスティンホテル東京での結婚式をきっかけにSPGアメックス・ホルダーに。

マイルトラベリングをフォローする

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ