【燃油サーチャージ】発券済みの航空券は差額って戻るの?裏技は?

燃油サーチャージ差額戻し JAL

JALとANAは国際線航空券の購入に伴う燃油サーチャージに関し、2019年4月・5月発券分の大幅引き下げを発表しました。

既に購入した航空券や特典航空券がある方は、差額は戻るのか?と疑問に思ったりしませんか。

燃油サーチャージの差額は戻る?

残念ながら基本的には戻りません。

燃油サーチャージはいつ決まる?

航空券を発券した時のレートが適用されます。

実際に搭乗する時のレートではありません。

差額が戻る裏技

JALもANAも共通ですが、発券した航空券の変更をすれば、燃油サーチャージは変更時のレートが適用され、差額があれば払い戻しまたは追加徴収されます。

1つの便で変更があれば、同旅程の全便の燃油サーチャージが差額調整されます。

日付や時間変更はもちろん、羽田出発便を成田出発便に変更するだけでもOK!

2019年4月・5月 燃油サーチャージ(片道)

区間2019年2月・3月2019年4月・5月
日本-韓国・極東ロシア1,500円 300円
日本-東アジア(除く韓国)4,500円 1,500円
日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム・ロシア5,000円 2,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア・ロシア8,500円 3,000円
日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ11,000円 4,000円
日本-北米・欧州・中東・オセアニア17,500円 7,000円

例えば日本からハワイの燃油サーチャージは往復で2月・3月発券分は22,000円、4月・5月発券分は8,000円なので、差額はなんと14,000円にも!

もし家族4人分だったら、結構な違いですよね。

発券済航空券の変更/払い戻し手数料

手数料が燃油サーチャージより安ければ、変更を検討する価値が出てきますよね。

JAL・ANA有償航空券

有償航空券は購入した条件により、変更手数料が変わってきます。

全体的に手数料が高めではあります。

旅行のスケジュールを変更したかった方は、差額の払い戻しがある分、変更手数料の緩和と考えらるので、4月・5月に変更することをおすすめします。

JAL特典航空券

「JAL国際線特典航空券PLUS」が導入されて規約が大きく変わり、変更ができず、払い戻しのみとなりました。

払い戻しは1人につき税込3,100円かかります。

もし4月・5月に発券できる行きたい他の日程で空席があれば、旅行先によっては一旦キャンセルし、新たに予約しなおした方がお得になることも。

JALワンワールド特典航空券

ワンワールド特典航空券は旅程にJAL便が入っていても変更可能、手数料もかかりません。

可能ならば4月・5月にスケジュール変更をした方がお得です。

ANA特典航空券

手数料がかからないので、可能ならば4月・5月にスケジュール変更をした方がお得です。

まとめ

4月・5月の燃油サーチャージは大幅な引き下げとなっています。

既に発券した航空券がある方は、見直してみるのも良いかもしれません。

またJALやANAで海外旅行の計画がある方は、この機会に発券することをおすすめします!

コメント

この記事を書いた人
マイルトラベリング

海外旅行、ホテルステイ、ホテルブッフェが好きな夫婦が、ラグジュアリーな体験をお得に楽しむ方法や、ポイ活の感覚で気軽にできる投資情報をシェアしています。
ブログ運営は夫が、執筆は妻が担当。
妻は元アパレルのプレス、現普通の主婦です。
ウェスティンホテル東京での結婚式をきっかけにSPGアメックス・ホルダーに。

マイルトラベリングをフォローする

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ